スポンサーリンク




2009年05月13日

義足で唄う往年の大スター!!

数年前、義足で、ステージに立った歌手がいました。

今は亡き 演歌の大御所 村田英雄さんです。

丸坊主でやせ細った顔に、義足姿。

ふらつく足をふんばって、渾身の力を振り絞りながら、

唄う「村田英雄」の姿。

会場を埋め尽くしたフアンの目には、どう映ったでしょうか?

痛々しいその姿に、私は、目を覆いたくなるほどでした。

もしもの時のことを考えてでしょう、後ろの方には、付き人のような

人がいたように思います。

ご存知の方もあると思いますが、

「村田英雄」 は、糖尿病による 「 壊疽 」 のため、

両足を切断していたのです。

「 壊疽 」 というのは、糖尿病によって起こる合併症です。

糖尿病がすすんでくると、血管の硬化が、

促進され、特に、手足の 抹消で血行不良 が起こってきます。

こうなると、手足の先に 栄養が 行き届かなくなるため

シビレ や マヒが、表われて来ます。

さらに、その状態が進行してくると、細胞組織 の破壊 がおこり、

その部分が腐敗してしまいます。  つまり、腐ってしまうのです

「村田英雄」 の場合は、1995年に、右膝下12センチを切断。
翌2000年には、左足も 切断したそうです。

その後、「村田英雄」 は、車椅子の生活に入っています。

それだけでは、ありません。

このあと、「村田英雄」 は、糖尿病の合併症の「肺炎」を発症し、

2002年6月、ついに、74歳の生涯を終えたのでした。

ちなみに、俳優で歌手でもあった 「中川奈美」 さんも 

若くして「 壊疽 」でなくなっております。

糖尿病は、合併症が、怖い とよく聞きますが、

いろいろ調べてみますと、ほんとに、そのようですね。






posted by 太助 at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。