スポンサーリンク




2010年01月31日

一日一食・104歳、まだまだこれからです!



こんにちは。


「 ・ 朝は= 野菜ジュースと牛乳カップ一杯。  
  ・ 昼は= ビスケット一枚。
  ・ 晩は= 野菜たっぷり、肉たっぷりの食事。   
(昼のビスケットは、食べたり、食べなかったり)

私は、一日一食で充分です。」


こうおっしゃるのは、テレビや、雑誌で大活躍のお医者さん、

聖路加国際病院の院長さんでもある 「日野原重明(104歳=1016年現在)」 先生です。

ご存知の方も、多いかと思います。

普通、お医者さんは、

「 朝食は、しっかり食べなさい 」 

とおっしゃるのが、常識ですよね。

私も、長い間、そう思っていました。

「 人は、朝、昼、晩と3回食べなきゃいけないものなんだ 

と信じて、疑いませんでした。

昼一食抜けたりすると、「わー、腹へったー!」

と、夕食を、待ちかねたように、ガツガツ、と食べたものでした。

ところが、長い闘病生活を送るなかで、いろんなお医者さんに

出会いましたが、ほんとうに、患者を病気から救っている先生は、

おしなべて、「少食」 を実践させるお医者さんでした。

これは、まったく、例外がありませんでした。

ただ、この事は、「食事療法」 を行っているお医者さんに限って、

言ってることですので、そこは、誤解しないで下さいね。

「少食」 といっても、お医者さんによって、その方法は、

まちまちでしたが、結局、

「 多く食べるより、少なく食べるほうが、元気になれる 」 とい

うことを、私は、思い知らされました。

昔から、

「少食に医者いらず」 とか 「はら八文目」 とか言いますが、

これは、真をついてる言葉ですねー。





posted by 太助 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

一日一食の威力!!

おはようございます。 お元気ですか。

今日は、一日一食で、難病が、短期でよくなっている

病院での話です。


私が、「一日一食」 でも人は、充分生きていける

んだ、ということを、知った2回目の経験です。


下の写真をご覧下さい。

千葉県の「小倉医院」 で行われた、

難病者だった35人のマラソン大会です。

100127_0608~01.JPG
(月刊誌「東洋医学」からの転載です)


参加者は、過去において、医者に見離された人たちばかりです。

この病院で実施されている「一日一食」療法で、

元気になった「OB」の方です。

当時、この病院では、年一回そんな人たちが、全国から集まって、

マラソン大会が開催されていたのです。

ちなみに、参加者の「病名」をあげてみますと、


べーチェット病、腸ポリープ、慢性肝炎、慢性腎炎、

シェーグレン、メニエール病、間接リューマチ・・・等々。


現代医学のお医者さんたちが、てこずっているものばかりですねー。

ここには参加していませんが、私の母も、20数年ほど前に、

この病院で、大腸ガンを治しているんです。

この病院での治療法は、薬などの化学薬品は、

いっさい、使用しません。


やることは、


@ 夕刻(4時)に 玄米菜食を、一日一回、摂る。

A 一日10キロ走る。 あるいは、ナワトビ千回。

  実行できない人は、動けるだけ動く。


この、二つです。


1ヶ月たてば、これだけで、肝炎などは、よくなっていきます。

私は、「小倉医院」 に行ってみて、
「一日一食療法」 の 威力 というものを、
改めて、思い知らされました。

しかし、もっと驚いたことがあるんですよ。

科学の粋を集めた、日本の 「大学医学部」 の先生が、
自分の大学で、自分の「慢性肝炎」をどうしても治せず、
うわさを聞いて、「小倉医院」 に来ていたという事実です。

この先生は、後に、「小倉医院」の先生に師事した後、 
自分も、この「食事法」を 取り入れた病院を、
開業したとのことでした。

posted by 太助 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

一日一食・密教僧の超能力!

こんにちは。 


最近は、「一日一食」
 
にしている人って、けっこういるようですね



でも、私が、そんな人を知ったのは、20代の頃に、

出会った密教僧が、初めてでした。

その頃、煩っていた体が、なかなか良くならず、もう、

「 医者を、あてにするのはよそうかな 」 と

思案していたような時でした。

たまたま入った書店で、

「 難病を治す 密教 祈祷の 秘密 」 

という本を見つけたのです。

「祈祷なんかで、ほんとに治るのかな?」

そんな気持ちで、パラパラっと、めくるうちに、

グングン引きこまれ、一気に読んでしまいました。

特に、祈祷によって、ガンや、心臓病、そのほか、

いろいろな難病が、治っている

という実例のところは、

食い入るように読んでいたのを、今でも、覚えています。

私は、密教の僧には、こういう「超能力」をもつ人が、

多いということも、この時、初めて知りました。

いろいろ修業の方法が、あるわけですが、実は、その一つが、

  「一日一食」

だったのです。

この僧の場合は、小高い山の上にある、御堂まで、毎日登って、

そのなかで、早朝から晩まで、お経をあげるのです。

食事は、それが終わって、下山してから、摂ります。

一日で、食事は、これが一回のみです。

この修業は、100日するのが、通常なのだそうです。

まあ、詳しいことは、省きますが、

「 人が、一日一回しか、食事をとらない 」

というのは、超能力にもつながる食事法だったのです。

いずれにしろ、「一日一食」 を私が知ったのは、これが、初めてだった

ですねー。











posted by 太助 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

人は、食べなくてもいきられる?!

「 人は、食べなくても生きられる! 」

という副題がついた

   「 不食 」  という本が出ました。

   「 とうとう現れた・・・?! 」

3年前、小さな書店で、その本を手にした時、太助は、

内心ひそかに、そうつぶやいていました。

太助には、なんとなく、そんな予感があったですねー。

本の、ページを、ぱらぱらとめくるうちに、

知らぬ間に夢中になってしまい、その場で、

一気に読んでしまいました。

著者は、「山田鷹夫」 という53〜54歳の男性。

3年間食べていないのです。 (水だけは飲んでいる)

それでも、生きている。

しかも、裸の写真を見る限り、普通の男性よりたくましく見える。

わたしは、その本を買って帰り、なんども、なんども、読み返しました。




posted by 太助 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。