スポンサーリンク




2010年04月14日

ガン:手術に絶望した外科医!

こんにちは、 お元気ですか。



「 済陽高穂(わたようたかほ) 」 これは、人の名です。

どこかで、見られたことはありませんか?

この、2〜3年 「食事療法」 でガン治療に効果をあげて、

話題になっているお医者さんです。


「がんを治す医者になりたい!」 と熱望して、 

外科医になられた医師です。

しかし、最近の追跡調査で、自分の手術をした 

ガン患者の生存率 のあまりの悪さに、愕然とされたそうです。


過去、7年間 に手術した消化器癌、

1406例 について

2002年に追跡調査をされたところ、


5年の生存率は、「52%」 だったそうです。


これは、先生の、予想をはるかに下回る数値だそうです。


先生は、


「 手術自体は、成功したにもかかわらず、5年以内に、

約半数がなくなるなら、何の為の手術でしょうか?
 」 

嘆くようにいっておられます。

さらに、「もっと、治療率を上げなければ!」 

と強く自省しておられるのです。


そして、その後、メスを捨て 「食事の研究」 に没頭されることになります。

そのかいあって、食事による ガンの改善に、

大きな効果をあげるようになられたわけです。


その経緯を「雑誌」や「本」 で公開されたので、

いまや、ちまたで、大きな反響を呼んでいるというわけなんです。

その治療率は、およそ、60〜70% となっております。

手術をしなくても、ガンは、食事で、これだけの成果があがるのです

今あるガンが消えていく食事


ガンを 「食事」 で改善させる研究者は他にもかなり、見られます。






posted by 太助 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。