スポンサーリンク




2010年05月30日

一日一食: なぜ玄米なのか?




前回登場した小倉先生は、徹底した玄米食で難病を治しておられました。

いいえ、私の知る限り、関西の甲だ、明石、関東の森下・・・

等々の諸先生方も、やはり、玄米を使用しておられました。

今、マクロビオティックが、ブームになっているようですが、

この食事法も原則として、玄米食ですね。

白米でなく、なぜ玄米なのか?

一言でいいますと、それは、完全食で、生命が、あるからです。

白米は、死んでいるというわけです。

しかし、味は、やはり白米が、おいしいですね。

まったく、皮肉なもんです。(苦笑)


ところで、もう一つ、玄米のすばらしさを、

見逃すわけにはいきません。

それは、何か、お分かりになりますか?


女性の美容にも大いに関係することです。


玄米には、繊維性の成分が、群を抜いて多いということです。

断食をすると、宿便が出るといいますが、

この宿便を出す手助けを玄米は、やってくれるわけです。


一般にいわれる毒だしというやつですね。

経験のある人は、しっておられると思うのですが、

宿便が、大量に出たあとは、不思議なほど、

身がかるくなり、肌が、抜けるようにきれいになります。

そして、それをサカイに病気がグングンよくなっていくんですね。

現代医学のみを勉強してこられたお医者さんにとって、

おそらく、これは盲点になっていると思います。

お手軽に玄米を試してみたい方は、どうぞコチラへ

今なら、お得用があります











posted by 太助 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

登山、玄米むすび一個に味噌汁一杯とは!!




「 玄米のおむすび一個と味噌汁(みそしる)一杯か、

つけもの少々。  時には、お酒1合飲むこともある 」


一日一食 (玄米菜食)と走る (または歩く)ことで、

難病患者を、みごと社会復帰させておられた

故小倉先生の 「一日登山」 を終えた時の言葉です。

食事は、山登りが、終わってから、ゆっくり摂るそうです。


もう、20年以上も前のことですが、その当時、

千葉県にあった小倉先生の病院では、患者さんや職員さんも含め、

団体で、近くの、山へ登ることがあったそうです。


そのときのことを、小倉先生は、こうおっしゃったのです。


「 山に入ると、ある区間、スピードでは、

若いものにかなわないが、持久力では、そうひけをとらないね。

食事時間と休憩時間が、私には、いらないから、途中遅れても、

終着点には、同時にたどり着くことになるね。
 」


続けてこうもおっしゃいました。


「 食を節して運動をすると、完全燃焼して、

驚くべきスタミナ が発揮される
。」 と。


そして、子供たちが、だんだん弱くなってきたのを、


こんな風に言われたのです。


「 今の学童が、足を使わず、”栄養!栄養!”

と、美食三昧の過保護にされ、体格だけは、大きくなっているのに、

インフルエンザによる学級閉鎖が、年中行事になっている。

また、ちょっとした野外行事で倒れたり、

ころんだだけで骨折するような傾向が、強くなっている。」


最近のおやごさんたちにとっては、

ちょっと、こたえる言葉じゃないでしょうか?









posted by 太助 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

少食、ヨガ、ダイエット!





少食は、ヨガに通じ、もちろんダイエットにも通じます。

ホットヨガのシホさんはヨガの効果をいたく実感しているようです。

もちろん、ダイエットだけではありません。


次のように語っています。

「 ダイエットができ、体がきれいになるだけじゃなくて、 

悩み もなくなった! 
」 と。

そして、

 ヨガを通じて相手のことを冷静に見られるよう

になった 
」 とも言っています。


ダイエット について言いますと、

ヨガは、食事を大切にしますが、 

さまざまなポーズによって、筋肉がひき締まりますので、

バランスのとれた ダイエット ができます。

毎日、10分でも20分でも行うことによって、

均整のとれた体形ができあがります。

私は、長年ヨガを教えさせてもらっていますが、

ヨガの ダイエット 効果を自信をもって

言うことができます。

ただ、ダイエット 効果をみるまで、

ちょっと時間がかかるのが、難点かもしれません。



posted by 太助 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

驚異の記憶力: 目が、カメラに・・!




こんにちは。 お元気ですか。


早速ですが、前回の記憶力の続編といきたいと思います。

今日は、以前にも少し触れました密教僧の「池口恵観さん」に、

登場してもらいますね。

求聞持法の威力を知って下さい。

池口さんは、自分の記憶力が、高まり始めたのは、

中学生の頃からだと言っています。

求聞持法を含め、密教に伝わる修業は、幼少の頃から、

厳しくしこまれたといいます。

行のために疲れて、学校の勉強など、

とてもするどころではなかったようです。

高校まで「家では、いっさい勉強しなかった」 

と、ご自身も言っています。

そして、

「覚えようと思って、精神を集中して、教科書を読むと、

国語でも数学でも社会でも、読んだページの隅から墨まで、

ことごとく頭に入った」


というのです。

さらに試験の時は、

「答案用紙に向かうと、試験問題に関するページが、

まるで写真に撮ったかのように、頭にいかんでくる」


というから、驚くじゃあないですか。

挙げれば、きりがないのですが、こうもおっしゃるのです。


「私は、本を一度読むと、それが、相当に厚いものでも、

何ページのどこに、何が書かれているか、たちどころにわかる」


なんでも、本の各ぺーじが鮮明に頭に浮かんできて、

そこに書かれた活字が見えるのだそうです。

なんともはや、とても、尋常な記憶力では、ありませんね。

これこそ、「求聞持法」 の成せるワザなのです。

記憶力増強について、書いた池口恵観さんの本は、

相当前に出たもので、今は、本屋さんに見当たりませんので、

もし興味をお持ちでしたら、こちらを参考にされたらと思います。

http://item.rakuten.co.jp/book/5927131/




































posted by 太助 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

超人的記憶力: 一度見たら忘れない!




こんにちは。  お元気ですか。

今日は、肉食について書くつもりでしたが、

ちょっと、変更させてくださいね。

実は、先日、「密教と記憶力」 について書きましたら、

それを見た知り合いたちから、ずいぶん、多くのメールが届きました。


「記憶力が、そんなに良くなるって、ほんまかいな??」


全部こんな内容でした。

そこで、「密教と記憶力」 さらに食事と記憶力について、

も少し、補足したいと思うのです。

少食にすると、「記憶力」 が良くなる報告は、いくらでもありますので、

今日は、「密教と記憶力」 の方をとりあげますね。


動物王国のムツゴロウ、こと「畑正憲」さん(75)は、

すばらしい記憶力をもっておられます。


畑正憲さんの「エッセイ」 によりますと、大学入試の時のこと。

試験場で、テスト用紙に向かうと、

問いに関する教科書のページが、

そのまま、頭にあらわれてきたそうです。


それだけではなく、そのページに出ている細かな図柄とか、

ページの数字まではっきりと、再現されてきたというのです。

「わーっ、天才っておるもんやなー!」

私は、おもわず、声を出してしまいました。

畑正憲さんの驚くべき記憶力は、決して、

なにかトレーニングをして、

磨き上げたというようなものではありません。

いわば、天賦の才能です。

ちなみに、短期間の勉強で、東大の理学部に入っております。


さて、この畑正憲さんの「驚くべき記憶力」 が、

密教の修業で得られるというわけです。

これは、決して、ウソではありません。

そういう力を持った密教僧にあったことがあります。

また、記憶力に関して書いた密教僧の本を読んだこともあります。

前述の驚くべき記憶力を身につけられる密教独特の修法が、

求聞持法(ぐもんじほう) と呼ばれるものなのです。

念のために、その実例をページをあらためてご紹介してみますね。







posted by 太助 at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。