スポンサーリンク




2010年09月30日

森山中・大食、行く末は凶か?



こんにちは。


森山中(お笑いトリオ)は、三人共よく食べるそうです?

森山中の真ん中(村上)「ムーさん」でしたっけ。

身長146センチ、体重60キロだそうです。

森山中.bmp


顔が、コロコロしてて、無邪気で(失礼)、

かわいいですね。


ところが、前回ご紹介しました 「水野南北」氏によると、


「・・いつも大飲大食をする人は、非常な凶・・」

とあります。


写真では、とても、ふっくらとして、かわいい森山中ですが、 

「水野南北」氏は、次のように喝破しています。


「・・いかように顔かたちがうるわしかろうと、

大いに食べるのは”大凶”である・・」 と。


大人気の「森山中」さん、どうぞ、どうぞ、

くれぐれも、注意をされて、ください!ー(長音記号2)
















ラベル:森山中
posted by 太助 at 12:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彦摩呂、人生の大危機!を自覚!


こんにちは。


彦摩呂(グルメタレント) がしばらく姿を見ないと思っていましたら、

彦摩呂自身が、「人生の大危機」を感じて、

少し、自重しているとの記事を読みました。


グルメ彦摩呂としては、1日平均5食, 多忙な時には、

1日8食というから、スゴイです。

ひこまる.bmp

アイドルとして売り出した頃にくらべ、20キロは、太ったといいます。

「・・時々、心臓がバクバクして、目まいがする・・」

と周囲にもらしたこともあるそうです。


前にも、書きましたが、バラエティの医療番組で、

余命4年」 と診断されて、彦摩呂は、本気でビックリしていました。

その直後に、大腸ポリーブが発見されて、即、禁煙したらしいですね。


ところが、食べる方は、なかなかブレーキが、きかなかったようで、

食べ過ぎて、ついに、ドクターストップが、かかりました。

ここまでくると、彦摩呂 もさすがに 「命の危険」 を感じたのでしょう。

その後、過食の方も、少し、自重しているらしいです。


でも、日ごろの 「グルメっぷり」 が習慣になって、

大食をやめるのは、なかなか難しいようですね。

その結果が、ドクターストップまで 彦摩呂 を、

追いやったということでしょう。


彦摩呂 は、まさに 「水野南北」 の予測通りに、

なった実例と言えますまいか?


「水野南北」 いわく、

「・・大いに食べるのは”大凶”である・・」






















posted by 太助 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ホリエモンは、美食家では・・?


こんにちは。 


また、夏が戻ったみたいですね。

この天気のシーソーゲームは、人間に、

何かを教えてくれているのだそうですよ。


まあ、それはともかくとして、ホリエモンさんって、

みなさん、かなり、関心を持っておられるみたいですね。


ホリエモンさんについて、相当知っておられるのではないかと、

思われる方からメールが届きました。

ここでは、その中の 「食」 に関する部分だけを、ご紹介しますね。


「・・・・・ホリエモンは、食に、贅沢をしろと言っ

ているのではありません。。

・・・・美食家でもないと思います。・・・

ただ、好き嫌いが、少なく、なんでも、食べ、わざわざ、健康のためとか、

ダイエットのためとか、言って、無理に、節食するようなことは、

ないと思います
。・・・・・・・」

・・・・・・・・」


コノ写真をご覧下さい。

ba342_188_5eeba383ad391d65c7c48b21616fcf10-m.jpg
(写真左)

おなかがちょっと出ていて、全体として、太っている感じですね。


ホリエモンさんの他の写真も、大体、似たような写真が多いようですね。


ホリエモンさんは、ずいぶんお金のある人ですから、おそらく、

食事にも、おしみなくお金を使っておられると思います。

食事内容は、誰でも手軽に食べるカップラーメンのたぐいから、高級料理まで、

何でも、食べておられるのでは、ないでしょうか。

そういう意味では、とても、庶民的だなって感じをうけますね。


ということで、食に関しては、充分、満ち足りておられるように、

わたしは、感じております。


それは、前述のメールにもありましたように、

決して、贅沢とか、美食とか言うのではないでしょう。

あえて言えば、やや、過食気味かなって、言えるかもしれません。


そこで、ちょっと、面白いことを、取り上げてみたいと、

思います。


手相芸人として、大ブレイクした、お笑いの「島田秀平・31」

をごぞんじですよね。

最近、テレビや、あちこちのイベントに、よく出ているようです。

手相というのは、けっこう当たるもので、

決して、バカには、できないものです。

同じように、人相もあります。

じつは、食事の摂りかたで、人の「幸不幸」や、

「吉凶」をみごとに、言い当てた
有名な人物がいますので、

次回には、そのことにちょっと触れてみたいと思います。

手相で開運(手相芸人)

ズバリ的中!手相術(この人は、世界的手相家です)















posted by 太助 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

豊かな食生活、強調!ホリエモン!


こんにちは。


前回取り上げたホリエモンさんのことば


「食生活が、貧しいと、心まで栄養が、いきわたらない。

そんな人は、話の中身まで痩せている感じがするのです」


に対して反応された方のメールが、10通ほど届きました。


内容は、共通していて、


「・・・・特別な理由がないかぎり、食べたいものも食べず、

満たされない日常生活を送っていると、心まで、貧しくなってしまいますよ、

・・・そんな人は、敬遠したくなりますね。・・・・・」


大体、こんな内容のものでした。


そうですね。 私も同感です。


日常生活が、満たされず、不平不満ばかり、秘めていると、

笑顔がなくなり、日頃の行動まで、イビツになってきます。

すると、ストレスがたまり、病気にさえなってしまいます。

そういう人は、顔の相まで、貧しくなっていくようです。



「・・今、自分や、自分の周りに表れているものは、

すべて、心の反映したものだ・・」


「京セラ」を世界的企業 に育て上げ、「KDDI] の創始者でもある

「稲盛会長」 は、講演で、こういう意味のことを、おっしゃっていました。



100919_0943~01.JPG
(ちょっと、ボケてますね。 ゴカンベンを)


写真は、社長とか、経営コンサルタントとか、大学の教授とか、

それなりの地位、業績をもった人たちです。

みなさん、顔の相(人相)がいいですね。 (もちろん、他に、例外はありますよ)


おそらく、さまざまな経験を経てこられた、結果が、

顔にも、表れているのでは、ないでしょうか。


どの方も、ほんとに表情がいいですね。

まあ、写真の、撮り方もあるかもしれませんが、

それは、ここでは、ちょっと横に置いといてください。

ともあれ、

「同じ生きるなら、こういう豊かな表情でありたい」

私は、いつしか、そう思うようになりました。


「一日一食」 の効果は、たしかにすばらしい! です。


でも、それは、非常に厳しい食事法だといえます。

体も顔も、やせて、表情もけわしくなりがちです。


そこで、

「ああ、おいしかったなあ!」

と、普通に、満足できる食事をとりながら、

「ウント元気になれる方法は、ないものなのだろうか?」


私は、そんな、模索を始めていたのでした。











posted by 太助 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

理想の食事、ホリエモンいわく!


こんにちは。


早速、「理想の食事」の続編です。


前回は、「少食が、痩せた貧相な顔を作ってしまうこと」 を書きました。

少食にすれば、痩せて、当然のこと。   

「気にすることはないや」

私は、自分にそう言い聞かせてきました。


しかし、それは、どうも不自然なように、思えてきたのです。


みなさんは、「ホリエモン」 さんを御存知ですよね。

日本放送の買収劇で、ずいぶん騒がれた人です。〔写真)

100918_1104~01.JPG

その「ホリエモン」 こと「堀江貴文」 さんが、自分の著書の中で、

次のようなことを書いていました。


「 ・・食事というのは、からだの健康だけでなく、

心にも大きく関係しています。  

食生活が、貧しいと、心まで栄養が、いきわたらない。

そんな人は、話の中身まで痩せている感じがするのです
。・・・」


これは、私も、実感として、よく、分かりますね。



「ホリエモン」 さんは、こうも言っています。


「 食生活が、充実している人と一緒にいると、こっちまで、

とても豊かな気分になれる・
・・」 と。


「うーん、たしかにそうやと思う」

私は、心の中で、あいずちを打っていました。


会社の重役とか、〜協会の幹部とかいう、組織のトップレベルの人たちは、

概ね、落ち着いていて、顔にも、豊かな風格のようなものが、

表れていませんか?

新聞、ラジオ、テレビ、雑誌などで、よく見る顔を思い出してみてください。

自分の周りをご覧になってみて下さい。  

どうですか。


”痩せて、ぎすぎすした自分が、少ない野菜をつまみ、

かるくよそったご飯をたべながら、たえず、少食を意識している。”


そんな構図って、どうも、貧相やなあー。


「じゃあ、少食を止めたらいいじゃないか」


少食で救われ、これまで、少食について、

いろいろ書いてきた私にしてみれば、


「はい、そうですか。  じゃあ、やめましょう。」


というわけには、いきません。


では、どうしたら、いいのでしょう?


実は、その解決策が、ようやく見えた来たようです。

次回から、そのあたりのことを、書いてみたいと思います。

夢をかなえる「打ち出の小槌」・ホリエモン




















posted by 太助 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。