スポンサーリンク




2010年12月29日

ポイントはやはり量にあり!


おはようございます。。


今年も、あと二日です。

気ぜわしいですね。

わたしは、一日 の早朝まで仕事です。

商品の宅配、集金、店の大掃除、かたずけ・・・等々。

小さな自営(8人)ですが、

てんてこ舞いって感じです。〔笑)



さて、ちょっと遅れましたが、前回の続きをいきますね。



まず、全体です。


@金銭のかかるものとかからぬもの。

A食事の質によるものと量によるもの。

B強い意志がいるもの、意志が弱くてもできるもの。

C確実に健康になれるものと、一時的元気になれるもの。

D指導者がいるものと、個人で実行できるもの。

E医師によるものと、そうでないもの。



今日は、この中の A番目。

「食事の質によるものと量によるもの」 のうち、

「量によるもの」  です。


一番気になるるのが、この 「量によるもの」 だと思います。


昨日、車の中で、ふと聞いたのですが、

今、日本で、最も、長寿で、超人的多忙を極めている人を、

特集していました。


「えっ?」  思わず聞き耳をたてました。

「誰だろう?」・・・・・・?

あなたは、だれだと思いますか?


女優の 森光子 さんですか?


・・・・・・・・・・・・?



あの有名なお医者さんで、聖路加病院の院長 「日野原重明」 先生です。

テレビなどにもよく出ておられるので、

あなたも、ご存知ではないでしょうか。

先生は、1911年 生まれですから、

ちょうど、100歳 になられるところですね。

image.jpg


この先生は、昼食が、

「ビスケット一枚 と 牛乳一杯」

で知られています。


ちなみに、

朝は、 「 牛乳一杯、野菜ジュウス一杯、他に、好みのジュウス一杯 」

夜は、普通で、「 肉、野菜どちらもたっぷり 

一日の摂取量は、だいたい 1300カロリーぐらいでそうです。



わたしは、講演で、日野原先生の話を、お聞きしてから、

この先生の本は、かなり興味をもって読ませてもらいました。


食事には、かなり気を遣っておられますね。

質もさることながら、やはり、

「量」 の重要性を強調しておられます。


今回の 「健康法ー総括」 も、「量」 の問題が、

何といっても、最大のポイントになります。


「 人が、健康になり、長寿になり、能力を発揮し、

意志や、心を鍛えるものは、”食事の量 ” にある 」


と言っても、過言ではないでしょう。


しかし、病気や、難病を治すには、実は、もう一つ条件があります。

何かお分りになりますか?


その辺については、次回で、取り上げますね。


では、今日は、これで・・・・。










posted by 太助 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

栄養を無視しても細胞が働く不思議・・。

こんにちは。


今回は、2番目


「 食事の ”質” によるものと ”量” によるもの 」

にいきたいと思います。


今日は、まず、 


    <食事の質>  からです。


これは、二つに分かれます。


@ 栄養バランスを考える。 (常識)

A 栄養を無視する。 (原則として何を食べても良い)


<説明>

@ については、常識の何ものでもないと思います。


A については、以前に出てきた 「水別、ごはん別」

  の食べ方がそうです。

  韓国の 「李祥文=リ・サンムン」 さんが、

  提唱しているものです。

  「李祥文=リ・サンムン」 は、

  自著 「健康長寿の減食調節法」 で、

  「栄養を無視して、”水別、ごはん別”の食べ方を実行すると、

  病気が治り、早く傷が癒える」 
  ことを、「動物実験」 してもらいたいと、

  現代医学の医師たちに呼びかけています。


<追記>

私自身は、正直いって、よくは、わかりません。

しかし 

「ほんとうでは、ないかなあ?」  

と思うところもあるのです。

その一番の根拠は、

あの、「森美千代」 さんです。

このブログで以前、取り上げましたように、

この10数年間、「一日、青汁一杯のみ」 で生きておられます

それどころか、鍼灸師 として自分の治療所を運営するかたわら、

それ以外のことで、大変忙しい日々を送っているそうです。


ある研究医は、彼女の体を、精密検査した結果、


「 飲んだ青汁から、蛋白質などを、

彼女自身の体の細胞が、作り上げているのではないか 



と述べているのです。

つまり、

「 栄養を無視した時、細胞は、緊急時として、不足した栄養素を、

作る作業に乗り出すのではないか?」

と考えることもできる? といえませんか??


ともあれ、そんなことから、

栄養を無視して食べる」 

という前述の話も、あながち、無視できないような気がしています。


ちなみに、”水別、ごはん別 ” という食べ方を、

私自身、今、実験中ですので、何かわかりましたら、

お知らせしようと思ってます。

興味をお持ちなら、ぜひまた読んで見て下さい。


それでは、今日は、このへんで・・・・。




ラベル:細胞 栄養 無視
posted by 太助 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

総括・金のかからぬ健康法は?


こんにちは。  

総括の @番の

「お金のかからぬもの」

というのは、どうでしょう?

これは、二つ考えられます。


一つ目は、

運動でしょう。

ウォーキング、ジョギング、散歩、マラソン・・・・。

手っ取り早く、だれでも、簡単にできるものと言えば、

こんなものではないでしょうか。



二つ目は、

右脳開発です。(潜在意識、無意識の活用も含む)

右脳の力は、絶大です。病気治しにおいては、すばらしい力を発揮します。


それについては、

050724-4.png

七田眞さんの

超右脳:イメージヒーリング」という本を読んでいただければ、

明快だと思います。

この本は、人には、すごい潜在力があることを、

多くの実例で示してくれていますので、

私には、とても参考になった本の一冊です。


ただ、右脳開発は、だれでも、即、簡単にできるわけではありませんので、

「名医」 ではあっても、一般的とは言えないかも知れません。


私は、ヨガによる瞑想をかなり訓練してきましたので、

その瞑想が体に良い影響を及ぼすことは、体験済みですが、

右脳開発までは、正直、まだまだ、

はるか、かなたという感じです(苦笑)


そんなわけで、お金のかからぬ方法としては、

以上のようなことですが、

主に心の訓練が、必要ですので、ちょっと時間がかかりますね。


お金がかからぬものといえば、大体こんなところかと思います。


それでは、今日は、このへんで終わりますね。






ラベル:健康法
posted by 太助 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

健康もお金で買えるか!?


こんにちは、お元気ですか。


前回、「総括」 の概要をお伝えしました。

もう一度、書いてみますね。


@金銭のかかるものとかからぬもの。

A食事の質によるものと量によるもの。

B強い意志がいるもの、意志が弱くてもできるもの。

C確実に健康になれるものと、一時的元気になれるもの。

D指導者がいるものと、個人で実行できるもの。

E医師によるものと、そうでないもの。



以上でした。


このうち、@ 番について、少し触れましたが、

それを読んだ 大阪の「M」 さんから、

次のようなメールが届きました。

一部をご紹介してみますね。


ーーーーーここからーーー


・・・・・・・・私の人生の「転落」 は

大きな”借金”を持った事業を営む父親の「突然死」
がキッカケでした。

自分がどんなに真っ当に真面目に生きていても
人生何が起こるか分からないものですね。

会社の倒産、リストラ、事故、病気、

家族の事情、などなど・・・・

いずれにしろ、父の死によって、
お金の苦しみをいやと言うほど味わいました。

・・・・・・・・」


ーーーーーここまでーーー


この方は、借金の完済まで、2年ぐらいかかったそうです。



M さんは、お父さんに代わって、借金を払っていくという、

思いもしなかった難に会われたわけすね。


振り返ってみますと、実は私も、形はちがいますが、長い闘病によって、

たぶん一軒の家が建つほどの 「お金」 を使ってきたと思います。

ほんとうに、親不孝をしてしまいました。


あなたは、どうですか?

病気などされたことはありませんか?

サプリメントなど買ったことはありませんか?

健康のために、健康食品などを購入したことはありませんか?


私は、自分が病気になって、思い知らされたことが、

2つ あります。


一つ目は、

「 人は元気でないと、なにもできない! 」


二つ目は

「 病気になると、お金が、予想外にかかる! 」

ということです。


ある意味、「お金があれば、健康にもなれる」

と言えるだろうと思います。


「できれば、一層 元気になって、精一杯、自分の人生を歩みたい!」

私は、そう思うのです。


そのためには、やはりお金は、「重要」 です。

私は、そのためにも、有効に稼ぐ方法という事を、

模索してきました。

そして、インターネットに、

その可能性があることも分かってきました。


すでに、インターネットによる方法の一つをはじめております。

インターネットは、パソコンさえあれば、だれでも、無料で、

すぐ始められます。


私は、まだ始めて間がありませんが、収入が入ってきて、

稼げそうだと確信がもてたら、

このブログでもお知らせしようと考えています。

どうぞ、期待しないで待っていて下さい。(笑)


繰り返しになりますが、

健康になるためには、何がしかのお金が、

絶対に必要だと思います。



それでは、今日は、これで。  

次回にまたおあいしましょう。





ラベル:健康 お金 稼ぐ
posted by 太助 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ご無沙汰してしまいました!



元気でやっておられますか?

仕事に追われて、遅くなってしまいました。


「健康法の総括はいつですか?」

というメールを何通もいただきました。
ほんとうに申し訳なかったです。


年末をひかえ、また、忙しくなりますが、
何度かにわけて 「総括」 をしていきたいと思っています。



今日は総括の骨組みだけをお伝えします。


 大きく分けると

@金銭のかかるものとかからぬもの。

A食事の質によるものと量によるもの。

B強い意志がいるもの、意志が弱くてもできるもの。

C確実に健康になれるものと、一時的元気になれるもの。

D指導者がいるものと、個人で実行できるもの。

E医師によるものと、そうでないもの。



だいたいこんなところだろうと、思います。


この中で、@は、非常に大事です。 
体をこわしたら、生活が困難になります。

ほんとうにお金が、かかりますね。

スエーデンのように、病気になったら、
国が、最後まで面倒をみてくれるのならけっこうなことですが、
あいにく、日本はそんな福祉国家ではありませんよね。

総括では、この一番みえない部分にも光をあててみたいと思います。

お金に関しては、先日友人が教えてくれたこんな優れた情報があります。
ご覧になってみてください。 コレ です。





posted by 太助 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。