スポンサーリンク




2011年02月28日

抗がん剤がダメと叫ぶは、医師の良心か?


こんにちは。


前回のブログを読んだ主婦の方から、、

次のようなメールが届きました。


「・・・抗がん剤を製造販売する会社などとの、

関係があるのではないでしょうか?・・・」


日本では、いまや、ガンにかかる人は、3人に1人。

ガンで死亡する人は、2人に1人となっています。
たしか、つい最近まで、、ガンの死亡者は、3人に1人だったはずです。

つまり、ガンの死亡者が、相当なスピードで増えているといえるでしょう。


ガンにかかったら、施術は、まず、

@ 手術、 A 抗がん剤、 B 放射線

というのが、常識ですよね。


とすると、抗がん剤は、今の日本では、

毎日、相当の量が使用されていると考えても、

おかしくはないと思います。


ところがですよ。


ところが、最近知ったデータによると、


「 もし、あなたが、ガンになったら、「 抗がん剤治療]を受けますか? 」

というアンケートに対し、

なんと、90%の 医師が 「 ノー 」 と答えたそうです。

あなたは、これをどう思われますか?

今のお医者さんたちは、「 抗がん剤治療 」 の

マイナス面が、大きいことを、知っているからでしょう。


ちなみに、東大、薬学部の「首道紘一」先生は、


「 抗がん剤の多くは、発ガン剤である。・・」 


とまで、おっしゃっているらしいのです。

それでも、病院では、平然と、抗がん剤が、使用されているわけです。


「 我が家族が、食べるお米には農薬を使わないが、

売りに出すお米には、農薬を使う 」


という農家の存在が、テレビで取り上げられたことが、

ありましたが・・・・・・・。


「抗がん剤は、効かない」 

という 「近藤先生」 の論文は、まこと、医師の良心から、発せられたものなのでしょうか?

それは、ともかくとしても、冒頭の 主婦のメール が気になりますne.

       ガン治療・こんな方法もあります?







posted by 太助 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

抗がん剤は、効かない! 論文公開!


お久しぶりです。


今日は、緊急のお知らせをしたいと思います。

もう、ご存知の方も多いかと思うのですが、

「総括」 の続きの間に、今日のお知らせをはさみますね。


「抗がん剤は、効かない!」

という論文が雑誌 「文芸春秋」新年号 に発表されました。

文芸春秋.jpg
(これは、新年号ではありません)


書いたのは、慶応大学医学部の先生です。

名前は、「近藤誠」 とおっしゃいます。


わたしは、この本を手にした時、

「こりゃあ、スゴイ反響をよぶかもしれんぞ」

そう直感しました。

「文芸春秋」 といえば、

世の論調をリードする一流誌です。

読者は、庶民から、各界のリーダー、オピニオンリーダーまで、

幅広く読まれている月刊誌です。



案の定、相当反響を呼んだようです。

続く2月号 でも取り上げられました。


「近藤誠」 医師は、これまでも、「ガン」 についての

注目すべき論文を世に問うてきた先生です。

興味をお持ちでしたら、「文芸春秋」 のバックナンバー(1,2月号)

をお読み下さい。

楽天では、新年号は、ありませんでした。

ガンを治すには







ラベル:抗がん剤
posted by 太助 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

5日断食・小雪さんの意志は?



こんにちは。


前回、人は、概ね、意志の弱いものであることを、
ダイエットを例として、とりあげました。


そうしましたら、主婦の 「D」 さんという方から、こんなメールを
いただきました。


「・・・私、去年、断食やりました。・・・わりあい簡単でしたよ・・・」

D さんは、医師の「石原結実」先生のところで、3日間の断食を、
やっったそうです。

女優の「小雪」 さんも、ここで 「5日断食」 をされたことを タモリ さんの番組で、話したんでしたね。

小雪さんの場合も、断食が、苦痛だというふうなことは、なかったようです。

どうも、石原都知事が、「石原結実」 先生の「断食道場=サナトリウム」で、断食したことを、自著で、取り上げて以来、
政界や、芸能界、スポーツ界の人たちにも知れわたっていったようです。

石原結実先生の講演内容や、著書などで知る限り、
たしかに、ここでの 「断食」は、やりやすいようです。

その秘密は、二つあると、私には思えます。


一つは、断食内容(純粋な水断食でないこと)

二つ目は、断食をやるという同じ目的の人が、複数滞在しているということ。


詳細は、またにして、簡単に申し上げますと、


二番目の 同じ目的の人が、複数滞在しているっていうのは、

けっこう重要なんですね。

正月の行事として、海に近い漁村などでは、
寒中水泳というのを、よくやってますね。

子供さんから大人まで、いっせいに、海に飛び込むあれです。

普通、一人なら、なかなか尻込みしてしまいそうです。
それが、多数の仲間と一緒なら、振るえながらでも、
エイーッ とばかりに、飛び込むじゃないですか。

あれですよ。

赤信号、みんなと渡れば恐くない!」 というわけです。


基本的には、やっぱり、人間の意志って弱いものですよね。


そんなわけで、

「総括」 の「強い意志のいるもの(断食とか減食など)」への対処法は、

@ 仲間と行う。
A意志の鍛錬を行う。
ということになろうかと思います。



恥ずかしいことだと思うのですが、私なんか、

断食や、一食法 も含めて、何度、失敗してきたかしれません。

いいえ、今なお、少食には、ほとほと、てこずっています。


ただ、長い闘病の経験から、わたしなりの、

「食事制限の克服法」 を一つ見つけました。

それは、ちょっと、生意気なことかもしれないのですが、


「 自分が、どれだけ、人に必要とされているか、
という 価値観 と 目的 を持つこと 」

ということでした。


こう思えるまでには、ほんとうに、膨大な時間が、かかりました。

ちなみに、わたしは、ゆくゆくは、小さくてもいいから、

健康になるための、楽しい施設
を作ることが夢なんです。(笑)

そのためにも、せっせと資金作りに励んでいます。

方法としては コンナノ をつかっています。

興味のあるかたは、どうぞご覧下さい。







posted by 太助 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。