スポンサーリンク




2011年11月30日

一日一食: 長寿村の常食ヨーグルト・・

おはようございます。

間があきましたが、
年末がちかくなって、ちょっと仕事が忙しくなってきております。
どうぞ、ご了解下さい。


前回の記事を読んで下さった主婦 G さんから、
次のようなメールをいただきました。


「・・・・以前から腸が弱い方なので、ヨーグルトを食べていますが、
これは、やっぱり、いいのですね?・・・・・」


要点だけを取り出したら、こういうことです。


いまや、スーパーや、コンビ二 などへ入れば、
各種ヨーグルトのオンパレードです。

こういうヨーグルトが、もてはやされるのも、
ヨーグルトが、体に良いことが、知られているからでしょう。

特に、腸によいことを、最近の主婦たちはよく知っています。

長寿で有名な あのコーカサス の人たちも、
ヨーグルトを常食しています。

これは、「腸が第2の脳」 ということと大いに関係があります。


そこで、次回はそのことに気づくきっかけを与えて下さった人のうち、
整体師の加藤先生について述べてみたいと思います。

この方は、現代医学で治らぬ数多くのガン患者を、

ミルクと整体(もむこと)によって、驚異的効果を挙げた方です。



 











posted by 太助 at 08:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 一日一食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

一日一食: 腸は、第2の脳です!


こんにちは。

私は、これまで、一日一食 をお伝えしながらも、

一日一食以外に、
もっと簡単に元気になる方法がないものか?
ということが、ずーっと、頭の片隅にありました。

一日一食 は、やはり、難しいです。

あなたは、どうですか?


前回、

「一ツブ 飲めば、万病が パッと治ってしまうとか、
といった魔法のような健康法が、ないものだろうか?」

と書きました。

もっと、「簡単な方法がある」 予感のようなものが、
私のどこかに、芽生えつつあったからです。


「やはり、誰もが、容易にできる健康法こそ本物や!」
とおもうのです。


あの「船井幸雄」 さんは、「本物はシンプル」や、

ということを、よく言われます。

各界のトップになるような人は、言葉こそちがえ、
みな同じことを言っておられるようです。

そこで、私は思うのです。

「真の健康法はシンプルなんだ!」  と。

では、一日一食 意外に、

「一ツブ 飲めば、万病が パッと治ってしまうとか、
といった魔法のような健康法」

とはどんなものでしょうか?


わたしは、いまのところ、 2つを提唱したいと思います。

@ 腸は、第2の脳だということです。
腸の活性化は、短期に病をなおす知られざる健康法です。


A 最速で病気を治すは、潜在意識です。
潜在意識を使うと、たちどころに病気が消えます。

この2つは、私自身の闘病経験から、気づかされたものです。
すでに、先人たちは、このことを、早くから、気づいておられました。

ここでは、@ の「腸は、第2の脳」
を気づいたきっかけを作ってくださったお人を紹介します。

加藤1.JPG
赤ちゃんの飲む粉ミルクで、がんを初めとする難病治療に、
驚くべき成果をあげた整体の先生です。

甲田1.JPG
ご存知の方も多いと思いますのでいまさらの感があります。
難病を治すのに、関西で、この先生の右に出るお人はいないと思います。

新谷.JPG
数万人の腸を内視鏡で治療してきたと言う、その分野での、
世界的権威である、先生(医師)です。


というわけで、この先生方の出会いによって、

「腸は、第2の脳」

ということに確信を持ちました。


それれについては、次回でお伝えしますね。







posted by 太助 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 一日一食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

一ツブ 飲めば、万病がパッと治ってしまう?


こんにちは。

昨日、千葉の主婦 Bさんから、次のようなメールが届きました。

「・・・・少食とか、断食は、スゴク良いのは分かります。
でも、私のような意志の弱い者には、とっても無理です。
というよりも、コワイ気がします。

子供のころから、風邪をひきやすく、弱いからだなのですが、
元気になる方法はないのでしょうか?・・・・」


これまで健康食品とか、治療器具など、数え切れないほど、
使用してきたそうです。


私は、このブログで、少食や、断食、一日一食 など、
主に、食事を摂る事で元気になれる方法を、体験にもとづいて書いてきました。

しかし、Bさんのおっしゃるように、
「正直なところ、食事制限ほど難しいものはない」

私も、心のどこかで、いつもそう思いつつ、 それでも、元気になるためには・・・・。
と書いてきました。


あなたはいかがですか?

やはり、毎日の食事に気をつかっておられますか?


高齢社会の列車は、日ごと、スピードを加速して進んでいるようです。
それと比例して、病人の数もふえる一方です。


なんとか、もっと簡単に健康になれる方法ってないものでしょうか?

例えば、一ツブ 飲めば、万病が パッと治ってしまうとか・・・・。(笑)


実を言いますと、私は、10年ぐらい前から、
そんな夢みたいなことを考えるようになっていました。

いや、これは、マジな話なんです。 ハイ。

そして、健康に関することであれば、アチコチの講演に参加し、
セミナーに顔を出し、いろんなお医者さんにも会って来ました。

そんな中で、
「 食事療法、特に、極端な少食は、なんとかせんとアカン!?」

今、私は、切実にそう思っています。

「やはり、誰でも、容易にできる健康法こそ本物や!」
「少数のひとしか、実行できないなんて、どこか間違ってる??」


こんな考えは、誤っているのでしょうか?

あなたは、どう思われますか?


・・・・・・・・いいえ、やっぱり、間違ってはいませんでした。



ラベル:高齢 病気 簡単
posted by 太助 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。