スポンサーリンク




2011年12月29日

一日一食: むすび一個で山越え!町の名医!


こんにちは。


早速ですが、昨日の続きを書いていきますね。


前回の 「M」 さんは1日どれぐらいたべたらいいのか?
と尋ねておられます。


<一日一食の場合>

主食 = 玄米、ちゃ碗に軽く一杯。

副食 = 季節の野菜を適当にみつくろって、中皿二杯。

    味噌汁= わかめ、昆布、かつおぶしのだし。
         季節の野菜入り。
    
    うめぼし一個

(だいたいこんなところです。)


これは、私が、千葉の「小倉重成(故人)」 先生の病院で、
初めて一日一食を食べた時の食事内容です。

一度、具体的 レシピ をそのうちにご紹介したいと思いますが、
基本的には、上記を参考にしてみてください。



ちなみに、病院の近くにある小高い山に、先生と患者さんたちが、
合同で登ったことがありました。

その時の先生は、朝からなにも飲まず食べずで、夕方下山してから、
玄米のお結びを一個食べられたのみです。

間をおいてから、お茶を軽く一杯のまれました。


他の患者さんたちは、下山までに水をよく摂っていました。
そのかわり、途中よく休むのも患者さんたちです。

先生は、一切休むことなく一番しゃっきりしておられたようでした。

最近有名になられた 「石原結實」 先生も、水の取りすぎに警告をしておられます。


<参考>「水分の取りすぎは、今すぐやめなさい」(石原結實著)



これが、

「M」さんの

「1日どれぐらいたべたらいいのか?」
という問いに対するお答えです。


難症になると、これでも多い場合があるようです。

例えば、「ベーチェット病」 などがそうです。
現代医学ではほとんど治せない病気のひとつです。


この病院で良好状態になっていた 「ベーチェット病患者」 のお一人が、
つい油断して、「ピーナツ」 を幾つかたべたそうです。

すると、即、病状が悪化して、失明に至ったと著書の中で、
小倉先生は、書いておられます。

ちょっと、恐い感じがしますね。


それでは、今日はこの辺で終わりますね。









ラベル:一日一食 名医
posted by 太助 at 09:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 名医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

一日一食: まず少食にすることが先決です!


こんにちは。


一般の方は、今日ぐらいからお休みに入る頃でしょうか?

私など小さな自営のものは、なかなかそうはいきません・・ハイ・・。
31日まで、目いっぱい仕事というわけです。


そうは言いながらも、
先日、いただいた相談メールが気になっておりますので、
今日は、それについて、少しでも触れさせていただきますね。


ざーっと読んだ時点で、まず、3つの問題点があります。

@ 「一日 食べる量が多いのがいけない のかなとも反省してます。」

A 「何をやってもよくならなかったのが 断食した時は楽 になりました。
  ただ断食の期間が終わると、 また一気に悪化していく・・・。」

B 「原因不明のまま むやみに あれこれ 実践しておられる 」
   (まちがっていたら、ゴメンナサイ)

以上3点です。



まず、

@ 番をみてみます。


このブログ 「一日一食」 は、 はっきり申し上げて「少食」 の実践です。

たとえ、「一日一食」 が難しい場合でも、
せめて、「一日二食」 にすることを目指す ブログといってよいでしょう。


「一日二食」 でも、徹底して実行されたら、
驚くほどの効果があらわれます。


徹底 することが 「ミソ」 です。


その意味では、 M さんは、

一日、食べる量が多いのがいけない のかなとも反省してます。」

と書いておられますが、 これは、最も大きな失点だと思って下さい。


もし、どうしても 食べ過ぎるようでしたら、 「一日二食」 を完全にマスターしてください

「 コレ 」 

などとても参考になるんじゃないでしょうか

それでは、「食べる量」 とか A、B については、

次回に取り上げて生きたいと思います。




ラベル:一日一食 少食
posted by 太助 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 少食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

もうこれ以上やるてだてはありません!

こんにちは。


このブログを読んで下さっている 「M」 という方から
大変なメールをいただきました。
何処の方かは分かりませんが、多分男性の方と推測します。


ご相談は、正直、私が即答できるような内容のものではありません。
しかし、誠意をもって、お答えするるつもりですので、
今少し時間をいただきたいと思っています。

ご相談内容は、他のみなさんにも、ご参考になるのではないかと思いますので、
「M」 さんにお差し支えないように、取り上げさせていただきました。


以下、頂いたメールです。


「ホームページ見てメールしました。

実は、私はかなり重症な心身症を患い身体中が凝り,
今は常に頭まで凝ってしまいしかも日々悪化していく一方で徒歩に暮れてます

私も密門会にて祈祷を受けたことがあります。
ありとあらゆること全てやりました。

1ヶ月近く、一日一食ももちろんしてます
しかし、多少、体が柔らかくなった気はしますが,
肝心の頭の凝りは、良くならず,相変わらず悪化をしてます.

ジョギングも1週間前から一日10キロとなわとびを
1000回やってます。


一日食べる量が多いのがいけないのかなとも反省してます

だいたいどれぐらいの量がいいのかホームページで載せてください.今のところ、効果があまりなく困ってますが,

もう他に方法がないので今のままやってみます

筋肉による心身症がこんなに恐ろしいこととは思いませんでした。

断食も以前やりました。

何をやってもよくならなかったのが断食した時は楽になりました

ただ断食の期間が終わるとまた一気に悪化していくので,
もう一回やろうとしましたが、2日目でふらつきがひどくて辞めました」

読者の方にも、「アッ、自分もや!」

と思い当たる部分があるかもしれません。

ともあれ、善魂こめて答えさせていただきますので、
お待ちくださいね。












ラベル:一日一食 心身症
posted by 太助 at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 心身症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

一日一食: 10数年の闘病の果てに・・・

こんにちは。


このところ、「だい2の脳」 についてお伝えしてきましたが、
少し足踏み状態になっているようですね。

しかし、「第2の脳」 については、
しっかり自覚しておいていただきたいのです。


私が、このブログを立ち上げたのは、

「人は元気でないと何もできない!!」

という強い思いがあったからでした。

過去10数年間、にがい闘病を経験しましたが、
寝たり起きたりの状態で、正直、何もできませんでした。

「いったい何時治るのだろうか? それとも死んでしまうのだろうか?」

そのことのほうが、私にとっては、病気そのものよりも、大きな苦しみでした。

その間、受けた療法、出合った医師は 数知れず。
試した サプリや薬は 枚挙にいとまがありません。

40近くなって、奇跡的に社会復帰できた日の夜、
私は、布団に顔を伏せて、声を出して泣きました。

「元気いうことはこういうことなんや!!」

思いっきり働ける! 自由に動ける!  好きな所へいける!

「こんなすばらしいことがあるだろうか??」

「いつか、同じように病気に苦しむ人のために、何か役立つことがしたい!」

生意気なようですが、
いつしか、そんなことを考えるようになっていました。

一人でも多くの人が元気になれたら・・・!

このブログを始めた発端もそんな思いからでした。

そして、元気になる核心の部分に迫ろうとしているのが、

「第2の脳」 なんです。

それをはっきりと自覚させてくれたのが、

これまで話した
整体師の 「加藤清」、医師の「甲田光雄」、 外科医の「新谷弘美」
の各先生だったのです。

加藤先生については、前回述べました。甲田光雄先生については、

よくご存知だと思います。

そこで、次回に、
3人目の 「新谷弘美」先生 について少し触れたいと思います。

この先生の
こんなベストセラー(楽天) が話題を呼びました。

よかったら、ご覧になってみてください。



ラベル:闘病 一日一食
posted by 太助 at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

一日一食: ミルクでガンが治る不思議!!


こんにちは。  お元気ですか。


いよいよ師走も半ばをすぎましたね。

ところで、予想はしていましたが、やっぱり届きました。


「・・ミルクなんかで ”ガン”がほんとに治るのですか??・・」


これは、埼玉の主婦 「A」 さんの長いメールの一部です。


はい、整体師の 加藤先生 は、健康会館と呼ばれる整体の治療施設で、
実に多くのがん患者を社会復帰させておられました。

その実態を、知りたいと思われたら、
加藤先生の著書を読まれるとよいかと思います。

加藤先生の本は、数冊出ております。

ずーっと以前のことですから、絶版になっているかもしれません。

ちなみに探してみましたが
案の定、本屋さんには、ありませんでした。
楽天にもありませんでした。

かろうじて、アマゾンに古書が何冊か出ておりましたので、

関心のある方は 「ガンは助かる」 で検索してみてください。、

加藤先生の最盛期には、ラジオ、テレビはもちろん、
雑誌や新聞などにもずいぶん載ったものでした。

現役の医師もけっこうあちこちから研修にやって来ていたようです。

中でも、神奈川県にある十全病院の「石上正文」副院長さんは、
非常に熱心な方だったそうです。

「 加藤先生の療法にたいへん興味がある。
一度大阪にたずねるから、指導してもらえないだろうか? 」


加藤先生の講演を聴いた後、そう言っておられたそうです。


「ミルクで何故ガンが治るか?」

これは、私など門外漢には、とても説明はできません。

ガン治療のためにミルクの研究をしているお医者さんがいることは、
3年前に、私も知りました。

調べれば、深い理論があるようです。


なんだか、話が腸のことから、少しそれたようですね。

でもみなさん、ちょっと気になりませんか?


ミルクについては、一日一食 とも無関係ではありませんので、
項をあらためて、とりあげたいと思います。


次回からは、話を元にもどしましょう。


それでは今日は、この辺で終わりますね。





posted by 太助 at 16:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。