スポンサーリンク




2013年02月17日

一日一食は社会復帰の究極!




       ー「一日一食」は、社会復帰の究極!ー



こんにちは

一日一食 がほんとうに注目をあびてきているようです。

というより、病院に、かかりながらも、
あまりにも良くならない人が多すぎると、いった方がいいのかもしれません。

「いろんな健康法を実践しても、なかなか直らない。」
「結局、一日一食 でもやってみようか?」
「これもいいかどうかわからないけれど??」


一日一食 はきっちりやれば、確かに威力を発揮します。

これは、断言できます。

ただ問題は、「一日一食」 をやれるかどうかに、かかっているといってよいでしょう。

@「体がだるい」 
A「空腹がしんぼうできない!」

障害は、この二つです。


この二つをどう克服するか、これからは、
この点を取り上げていきたいと思っています。


実は、今日、わたしは再び入院しますので、  しばらく、休みますが、

みなさん自身もいろいろ試行錯誤されてみて下さいね。

今度の入院は、骨髄の支障を調べるためです。

昨年の事故以来どうもおかしいんです。

それでは、帰るまでしばらくお待ちくださいね・・・・。わーい(嬉しい顔)





ラベル:社会復帰
posted by 太助 at 16:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会復帰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

食は、少ないほうがいい!?



         ー ミミズでわかる人のカラダー



こんにちは。

前回の「H」 さんへのご返事させていただきますね。

まず次の話をお聞き下さい。

「ミミズ」 の話です。

一日一食 は、つまるところ、この「ミミズ理論」なんです。

「ミミズ」ってみなさん語存知ですよね。

ミミズってのは、土を食べて生きてるらしいのですが、
大体、体重の50パーセントとか、100パーセント食べるといいます。

100パーセント食べるとします。
つまり、ミミズの体の中は、土で一杯の状態です。

こうなると、1本の棒状になっていて、進もうとしても、
なかなか思うように動けないそうです。

ところが、中の土が50パーセントか、それより少なめの土しか入ってない時は、
グニャグニャとよく動くそうです。

ミミズ は、1本の小さなフクロ状の物体といえますが、

考えてみれば、人間もそれと、たいした変わりはありません。

ミミズ と同じ長いフクロ状の 物体で、それが、少し長いだけじゃないですか。

ただ違うとすれば、細長いゴム風船のアチコチに、
小さな コブ ができているのが人間なんです。

このコブが、心臓であったり、腎臓であったり、胃袋であったりするわけです。

今の人間は、さっきのミミズと同じように、100パーセントも、それ以上も、
中に、土を食い込んでいて、細長い部分にも、コブ の部分にもあふれるほど、
土が、つまっているんです。


これでは、とてもじゃないが、動けるはずがないじゃないですか。


中の土が、少なければ、ミミズ も、動きやすくなり、
あちこち、グニャグニャと進んでいけるわけでしょ。

人であれば、なかの血管や、内臓や、液体が、ウント活発に動けるわけです。
どうですか、以上、お話してきた ツタナイ 「ミミズ理論」、
ずいぶん「オオザッパ」な話ですが、おおよそ、分かっていただけたと思うのです。


一度、ミミズ の体の中を大掃除するのが、「断食」 少し土を入れてやるのが「小食」、
一日一回、入れてやるのが、「一日一食」、満腹にするのが、100パーセントの状態。

さらに、フウフウいいながら、詰め込んでるのが、グルメ・・・ということになりましょう。


どうですかみなさん、「当たらずとも、遠からず」 ではありませんか?


そこで、「H」 さんへのご返事なのですが、以上のことを踏まえたうえで、

「小食」 にするか、否かを、お決めになって下さい。


なお、

@ 冷え症に関しては。「にんじんジュース」が効果がありますね。

  ガン患者は、冷えをさけるため体温を上げようと、「にんじんジュース」
  を飲んで、効果をあげています。  そんな事例を私も、何人か知っております。
  
  わたし自身、毎朝にんじんジュースを飲んでいますが、よかったらこんなのをご覧下さい。
  私の場合、無農薬で瓶入りを買っています。

>>>好みのものを選べます


A アトピーに関しては、もしよろしければ「石原結實」 医師の本を参考になさって下さい。


【送料無料】「食べない」健康法 [ 石原結實 ]

(とても信頼できるお医者さんです)







posted by 太助 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

冷え症に劇的効果!



       ー冷え症に劇的効果をみましたー


 
こんにちは。

つい先日 立川 の男性 「H=44」さんから,
次のようなメールをいただきましたので一部をご紹介します。


ーーーーーーここから


「・・・・ 現在、そんなに酷くはないのですがアトピー(一年中)と冷え性に苦しめられています。

いろいろ考えて、
アトピー についてのブログでも、小食が良い(タンパク質が分解されてない食事量等・・・・)、
とか書かれていて、”実践しようか?” 
”待てよ! 流行に惑わされてダイエットした失敗はいかん。”

など考えているところにこのブログにいきつきました。

「冷え性」 はどうでしょう?・・・・・・・」


ーーーーーーーーここまで


「冷え性」の方って意外と多いですね。

昨日、テレビご覧になりましたか?

「冷え性」 の特集をやってましたね。

「硫黄泉」 ってすごくいいようですね。これは、温泉ですが、お近くにあったら、お調べ下さい。

テレビでは、医師立会いのもとで、検証していました。
長年冷え症に悩む2人の主婦がゲスト。

一人は、足先が冷えで痛みが出るほど。
一人は、夏でも、靴下が放れず、足元の小毛布が必要。


街の「硫黄泉(黒色)」にやく10分浸る。
これを2週間続ける。

んと、これで、みごと、完治。
ほんとうに、劇的な効果でした。


観ていて、わたしも驚いてしまいました。

実は、わたしも、和歌山の勝浦温泉で、湯治療養したことがありますが、
たしかに、その後、冷え症は、かなり軽快した経験がありますね。

これって、バカになりませんので、重症の場合、考えてみて下さい。

お近くに湯がない場合、「炭酸」 がいいそうです。
これは、医師が、保障していましたので、試してみる価値はあると思います。

「炭酸」 は薬局で簡単に手にはいるそうです。

タイミングよく、テレビ放送を見ましたので、
まずは、ダメもとで試してごらんになって下さい。

「一日一食」と「アトピー、冷え症」 につきましては、
次にお伝えしたいと思いますのでどうかお待ち下さいね。

うまくいくといいですね・・・・・・・。わーい(嬉しい顔)


ラベル:冷え症
posted by 太助 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 冷え症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

痺れ、鈍痛の治療法は?




         −検査異常なし、されど、痺れ、鈍痛に悩む!ー




こんにちは。


名古屋の 「N」 さんという方から、
次のような「ケータイメール」をいただきました。

一度ご返事したのですが、「ケータイ」 のせいか届きませんでしたので、
ここで取り上げさせていただきますね。
(一部省略しております)


ーーーーここから

「・・・・5年前から 背中 の 右側 に 鈍痛と痺れを、
覚えるようになりました。
幾つかの病院で ーレントゲンやCTー を撮ってもらいましたが、
いずれも異常なし…

ホッとした矢先に、今度は顔(顎付近)まで痺れだすようになりました。
で、いろいろ健康に関するサイトなどを見てたら、太助さんのブログに辿り着きました。

<質問なんですが、>

原因不明(?)の痺れ等も、一日一食で治る可能性はありますか?
タバコと酒も適度にやってますが、一日一食を実行するなら、タバコ&酒 は完全に断った方が、良いのでしょうか?・・・・・・・・」

ーーーーーーーーーここまで


整体師の 「けんじ」 さん、ご覧になってますかあ・・・?

「N」 さんのこの症状は、「けんじ」さんの経験からはどう思われますか?

最近、このような医者泣かせの 症状って多くなってきたように思いますね。
「レントゲンやCT」 で、異常は認められないということですが、

「痺れ」 ってのは、
わたしも経験しましたが、これもやっかいですね。

体のゆがみや、姿勢、食習慣等々・・・、原因は、いろいろあると考えられますが、

わたしとしては、まず、研究熱心な、「けんじ」 さんから、
ちょっとアドバイスしてあげてほしいなと思うのですが、どうですか?

お忙しいかも分かりませんが、ぜひお願いします。わーい(嬉しい顔)










posted by 太助 at 13:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

韓国テレビから取材が・・・・。




        ー韓国テレビから取材の申し込みが・・ー




こんにちは。


思いがけないことですが、つい2,3日前に、

「韓国SBSテレビ局」 から、わたしに取材の申し込みがありました。


今度、「ドキュメント番組SBSスペシャル」で、
「空腹の力」(仮題)をテーマに取材する予定なのだそうです。


一般の人で、「一日一食」 の実践者がなかなか見つからず、よわっていたところ、

たまたま、このブログを知ったとのことでした。

取材は、

2月20日 から 5日間 来日して取材をする予定なのだそうです。

ところが、わたしは、この日どうしても私用があって都合がつかないのです。

そこで、このブログの読者の方にお願いがあります。

今、「一日一食」 を実践しておられる方で 「ОK」 とおっしゃる方はありませんか?
できたら、東京、関東 近辺がよいそうです。



取材内容は、おおよそ次のような事のようです。


1.年齢、名前、職業、住んでいる地域
2.家族関係
3.一日一食を実践するようになったきっかけは?いつからなぜ。
4.周りに一日一食を推薦していますか?その理由は?
5.ご家族の食生活は?家族との食生活でトラブルはありませんか?
6.一日一食の効果、大変なところ、こだわる理由は?
7.体重減量の効果があったなら何キロ、背は?
8.ご自身にとって、一日一食の意味は?


以上は、わたしに アンケートとして送られてきたものです。


お気軽に取材に応じてあげていただけませんか?

「健康」 が、昨今ほど 話題になったことは、これまでになかったと思います。

それほど病人が多いと言って過言ではないでしょう。
しかも、そのなかに、働けもせず、かといって寝たきりであるわけでもなく、
いわゆる半病人と呼ばれる人たちがずいぶん増えているようです。

「一日一食」は、そのような人にとって、どれほど救いになるかもしれないのです。

わたしは、「一日一食」 が注目される時が必ずやってくると、思っていました、

そして、今こそ、その黎明の時期ではないかなと感じているのです。


その理由は、先ごろ、ー「空腹」が人を健康にする ー という本によって、

「一日一食」 のすばらしさを医師の立場から、書かれたお医者さんが現れたからです。

南雲吉則 先生が、そうです。


「空腹」が人を健康にする 南雲吉則:楽オク中古品


この本がベストセラーになった時、わたしは、
いよいよ「その時」 がやってきたと思いました。


「一日一食」は、病気から、立ち直り、もう一度、
元気に社会復帰したいと、真剣に望んでいる人にとって、
おそらく、この上ない福音になり得るとわたしは思うのです。


どうか 「一日一食」 の実践者の方、(少しぐらい失敗していてもかまいません

こんな機会は、めったにないと思います。

ぜひ、韓国テレビの取材を、気軽に受けてみてほしいのです。

わたしからも、切にお願いいたします。



尚、関東から離れていても、取材日に関東にこれる方はお教え下さい。


コメントでも、メールでもかまいませんので、ご連絡下さい。

お待ちしています。


太助メール= (0hidebou@gmail.com = 最初の 0 は、ゼロです)











posted by 太助 at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。