スポンサーリンク




2014年04月13日

鳥越俊太郎・遂にガン克服!その秘密は!?

  

鳥越俊太郎さんが4回の手術のあと、5年生存をクリアした秘密!



雑誌などによると、鳥越 俊太郎さんは,記者仲間では、
どちらかというと、「破天荒な性格」で、
自由奔放であったといわれています。

しかし、がん の転移や、再発が次々に起こり、
さすがに考えられたのでしょう。

懇意な漢方医から、「ガンを治すには、食事も大事ですよ!」 と忠告を受けてから、
それまで、すきな物を食べていた食生活を変えられたようです。


その「食事内容」を紹介してみますと、

朝) 朝食は毎日決まっていて、
   バナナのスライス+ヨーグルトと蜂蜜をかけたもの。
   小さなクロワッサンを一つ。
   それに紅茶。
昼) 無し。

夜) 野菜、果物 中心で、青背の魚を意識して食べている。
   (肉類は、ほとんど食べない。 食べても、ササミぐらい)
   好きなビールは、ノンアルコールのものに変えた。

注)


炭水化物は、食事に入っていないことに注目してください。

鳥越 俊太郎さんの場合、食生活を変えると共に、
生活習慣そのものも、変えられたようです。

たとえば、
@週3回、ジム通いを始める。 
A睡眠時間を増やした。
B学生時代の仲間と合唱を再開。(京大のОB)

さらに、ご存知かと思いますが、鳥越 俊太郎さんは、
昨年、「ホノルルマラソン」 を完走しておられます。


大体、以上のようなことですが、これで、すっかり 生活習慣 が変わり、
「免疫」 が、グーン と上がったと想像されます。


ちなみに、4年間に4度目も、
ガンの手術を繰り返してきた鳥越 俊太郎さんでしたが、
それ以来、ガンの再発も転移もなく、今年の2月、

「5年生存」 をクリアされたそうです。

ついさきごろのトーク番組に出演した鳥越 俊太郎さんは、
「皆から祝福されてね」 と、にこやかに、しゃべっておられました。


以上、鳥越 俊太郎さんの食事内容には、
ほとんど「炭水化物」 がみららません。

そこで、「粉ミルク」 についてですが、
「粉ミルク」の場合も、鳥越 俊太郎さんの食事と同じ様に、
炭水化物を絶っているのです。

炭水化物を絶つということは、「ブドウ糖」を絶つ事になり、
ガン細胞を消滅させることになるというわけです。

「粉ミルク」 を使用する場合 
0歳〜9ヶ月用のものを使うということを、
「粉ミルク」の作り方のところで書きましたが、
9ヶ月以上の「粉ミルク」には、デキストリンという
ブドウ糖に変化する成分が多量に含まれているからです。


ガン細胞にブドウ糖を与えない方法は、最近かなり、
ガン治療に取り入れられてきているようです。
>>ブドウ糖を絶てばガン細胞は死滅する(楽天)

(こんな方法もあります)
http://tasuanti.blog.so-net.ne.jp/2014-03-29-1





2014年04月07日

タモリさん小雪さんと断食対談で何を?

       タモリさん小雪さんと断食対談がはずむ!


こんにちは、お元気ですか。


タモリ さんの番組が終わり、代わりの番組が、始まりました。
さあこれが、タモリ さんを超えられますか?
みんな、注目してるみたいですね。


ところで、タモリさんがやめる1ヶ月ぐらい前から、
タモリさんと小雪さんの対談記事にアクセスがとても多くなりました。
すさまじいぐらいです。

タモリさんと言う人は、ホントニ人気があったんですね。

最後のほうで「安部首相」 まで、出演して、
「国民的番組」 だなんて、ほめていましたからね。
これは、想定外でした。 (笑)


ただ、最近 「ガン」 の問い合わせが、増えていまして、
タモリさんと小雪さんの対談記事にアクセスが、多くなってきたのは、
あながち「タモリ」さんの人気だけではないような気がしまするのです。
というのも、対談内容が、ガンと断食に及んでいるからです。

ご時勢なんでしょうね。


小雪さんは、ご存知 「石原結實」医師の「断食道場」で、
5日断食を実行しています。


その会話を少し抜粋しますね。

ーーーーーここから


小 雪「断食、凄い気持ちよかったですよ」

タモリ「良いよね〜食べ物減らすと気持ちいいんですよ」       

小 雪「そうなんです。 断食して食べない方が頭がスッキリします」

小 雪「記憶力も増しますし、 体調が良くなる・・・・」」 

タモリ「そうなんだよ、食減らすと・・・」」 笑        

小 雪「断食で、肌も綺麗になりますし、元気にもなる」」


ーーーーここまで


断食の効果については、まったくそのとうりなんですが、

その 断食 が実は 「ガン消滅」 に、
大きな威力を発揮する事が今、話題になりつつあるのです。

「断食そのもの」 はなかなか難しいので、

それに、代わる方法が、取られて来ています。

その方法でみごと立ち直ったのが、
あの「鳥越俊太郎」さんです。
この2月に5年生存をクリアして、周囲の人から
祝ってもらったそうですからね。

さらに、もう死ぬところまでいった、お医者さんが、
同じ方法をとって、劇的回復されました。
スゴイ体験記です。
http://item.rakuten.co.jp/book/12600784/


さて、私は、自分が、ガン になって、この1年、
実に多くのガン体験者に遭遇してきました。

テレビの時もあり、ラジオの時もあり、新聞、雑誌、
各都市の広報、等々、可能な限りの情報によって、
多分100人をこえるガン患者にお目通りさせていただきました。

外から見ると、入院して内から見るとでは、大違い!

お医者さんたちも十人十色。 様々です。

これから、皆さんにも、お伝えしていきたいと思っていますが、

ただ一つ、一番申し上げたいのは、
お医者さんというものは、必ずしも、

「患者本人を真に治そう」 としているとは、
限らないということを、知った事です。

これは、お医者さん自身も気がついておられない場合が
多いようです。


それでは今日はこの辺で・・・・・・。


ラベル:断食 小雪 タモリ

蟹江敬三・粉ミルクでガンが救われたかも!?


    蟹江敬三さんの胃ガンはひょっとして、
             粉ミルクで消えた可能性があったかもしれません?





こんにちは。

一昨日、俳優の蟹江敬三さんが亡くなりましたね。
蟹江敬三.jpg

かつては、悪役専門だった蟹江敬三さんでしたが、
最近では、刑事や弁護士など、中堅役者として、
大活躍でした。

私は、何故か蟹江敬三さんに惹かれるところが、ありましてね。
ちょっとしたフアンでした。

「 蟹江敬三さん死去。 胃ガン・・・・ 」 と、

速報が流れた時、ちょうど蟹江敬三さんの出ている
サスペンスドラマを見ている最中でした。
69歳だそうですね。

そういえば、ついさきごろ、やしきたかじんさんが、
ガンで亡くなりましたよね。
「ええまた?・・・・・」
という感じでした。

最近、ガンで亡くなる芸能人が多いですね。

蟹江敬三さんは、胃ガンだったということでしたので、

今日は、粉ミルク療法の本から、
http://item.rakuten.co.jp/book/143385/

胃ガンの治療体験の1例をあげてみましょう。

<体験>
(大阪・K・主婦・53歳)

簡単な抜粋です。


<・・・乳がんから転移した胃ガンで余命2ヶ月と宣告されました。
貧血でめまいがし、鼻血が出、爪は変形して、つらくなる一方。

その頃、主人が書店で見つけた ”ガンは助かる” と言う本を
買ってきました。
http://item.rakuten.co.jp/book/143385/

早速「健康再生会館」で粉ミルク療法を受けました。
ミルク断食によって、激しい下痢がはじまり、1日5回も
6回もトイレ通いです。

宿便が出て、トイレ回数が減り、体調もしだいにもどってきました。 
20日間で帰宅。  

関西医大に行き、担当医に診断を受けたところ、
ガンはすっかり消え、先生も驚いていました。

今も、朝と昼は、ミルクにして、いっしょにパン、野菜、果物を
とります。
夕食は、胚芽米に麦を入れ、おかずは、野菜、豆製品を中心にしています>


以上です。


どうぞ参考にされてみて下さい。




posted by 太助 at 09:55| Comment(0) | 蟹江敬三と粉ミルクとガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

末期ガンでも社会復帰続々!


    末期ガンでも続々社会復帰できているようです!



こんにちは。


前回につづいて、粉ミルクとガン について、
書いてみたいと思います。


「末期ガンが助かって、次々と社会復帰していった」
と言えば、皆さん信じられますか?

前回ご紹介した大阪の「健康再生会館」
という治療院では、末期ガンの患者が、次々と
社会復帰するほど、良くなっていってるのです。

これは、事実です。

私の母は、この治療院でお世話になり、
「大腸ガン」 を脱する事ができた一人です。
昨年90歳を迎え、卒寿の祝いをしましたが、
とても元気です。

これは、その時の写真です。
お袋90.jpg

粉ミルクで何故ガンがよくなるのか?

医学的理論は、本を読まれたら、
分かると思います。

私など素人には、なかなか説明しにくいのですが、
なんとか素人なりに私の考えを言いますと、
「 腸を徹底的、キレイにして、
ほぼ完全に近い栄養を与える 」
といえそうです。

粉ミルクはその役割を果たしているのです。

ちなみに、粉ミルクを飲むと、ほとんどの人が、
下痢をします。

これは、決して病的下痢ではありません。
この下痢によって、いわゆる 「宿便」が排泄
されるのだそうです。
毒素が排泄されて、腸がキレイになります。

さらに大事なのが、「もむ」 ことです、

この治療院には、若い整体師が多くいて、
患者さんたちに整体をほどこしています。

整体を行うというより、「もむ」 といった方が
当たっているかもしれません。

特に、お腹を、集中的にもんでいきます。
私は、最初 、
「何でおなかをこんなに揉むんだろ?」不思議でしょうがなかったですね。

これは、その後も長い間の懸案になっておりました。


でも自分が「ガン」にかかってみて、初めてわかりました。

多分それは、

「免疫細胞の60〜70%」 が腸にあるからだと。

院長の加藤清先生の著書は、そのほとんどが、
売り切れ状態ですが、多くの 実体験が載っている

「ガン革命」 という本が楽天に、まだありました。

理論、方法、体験などを知る事ができる良著です。
http://item.rakuten.co.jp/book/262991/

それでは今日はこの辺で・・・・・・。




posted by 太助 at 09:26| Comment(0) | 末期ガンでも社会復帰続々! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

粉ミルクでガンは助かる!

      粉ミルクでガンが消える方法が今、又再燃しているようです!



こんにちは。

みなさん、驚きました。

粉ミルクとガンの記事を書いたところ、
アクセスがグーンとふえました。

いつもの2倍以上です。

母が、子宮ガンで、大阪の「健康再生会館」に、
お世話になった頃、
私はここの運営者である加藤清先生の「粉ミルクでガンを克服する」
という本を、何冊か買いました。

タイトルによって、それらの本を楽天で調べてみたところ、
ほとんど「売り切れ」となっておりました。

「 えっ? 粉ミルクがそんなに話題に? 」

正直ちょっと意外でしたね。

アマゾンでも、本によっては、販売されているものも、
ありましたが、ほとんど売り切れていました。

前回も 書きましたように、本によっては、

38,000円 にまで、高等しているものもあるのです。

それにしても、今頃、なんでまた・・・?

粉ミルク療法が空前といっても良いほどの話題をさらったのは、
もう20数年も前のことなんです。
もちろん「粉ミルクとガン」に関する本が出まわったのも
そのころなんです。

それが、今になって、また再燃している感じを受けるんです。
ガンといえば、「手術、抗がん剤、放射線」 と相場はきまっています。
ところが、そんな方法をとっても、実際には、
治らぬ人がふえてきているんじゃないでしょうか?

いや、もともと、それらの方法では、これまでもなかなか
成果があまりあがってなかったのではないでしょうか?

「粉ミルクでガンを克服する」 という民間医療に、
関心を持つ人が、ふえている背景には、
そんな事情があるように思えてきます。

ひょっとしたら、このブログの読者の方の中にも、
けっこう興味をお持ちの方があるように感じますが
どうなんでしょうか?

ガンは助かる (健康新書 102)

ラベル:粉ミルク ガン
posted by 太助 at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。