スポンサーリンク




2015年08月12日

がん放置療法について近藤誠氏が対談!放置したら死んだ人も?



がん:近藤誠氏が、週刊文春で放置療法について誌上対談!
外科医大場氏は、「放置療法」は間違っていると猛反対!
私のがんも放置していたら、今頃死んでいたでしょう!



こんにちは。

お久しぶりです。

今、発売されている「週刊文春」8月13日号を見てビックリしました。

それを見ながら、どうしても、書きたくて、更新せずにはおれませんでした。

「がん放置療法」についてです。

すでに、近藤誠医師が公表した「がん放置療法」は、
巷で、たいへんな物議をかもしております。


この誌上対談でも、近藤誠医師は、これからも「がん放置療法」を
言い続けると、断言しております。


大方の人は「がん放置療法」について耳にされている
と思いますので、それについての説明は省略したいと思います。


この「放置療法」については、現場にいる外科医は、
猛反対をしているのが現実のようです。


まあ、それらの、是非を素人の私が、あれこれ詮索したところで、
一笑に伏されてしまうのがおちでしょう。


それよりも、これまで、出しておられる近藤医師の本を
10冊近く読ませてもらい、今回の対談を読んだのも含めての
感想を素人なりに書かせていただきたいと思うのです。



正直「近藤医師の絶対自分が正しい」と決めつけた
論調に、実は、ちょっとハラがおさまってくれないんです。(笑)


今回の対談でも、そうです。

相手の大場外科医に対して、手術して治るなら、

「その証拠」を出せとつめよっています。

「証拠」「エビデンス」を示せと頻繁に言うのです。

まあ、その辺は、「週刊文春」を読んでみてください。


不完全な人間に「絶対」と言い切れることは、
基本的にありえないと私は、思うのです。

ちがうでしょうか?


人間の作ったルールでは言えますよね。

たとえば、スポーツとか数学の計算、法律・・等々。

1+1= 必ず2です。(笑)


近藤誠医師は、明確な 「根拠」や、「データ」を、
見せろと言われるだけあって、国内はもとより、
外国の論文なども、読み漁り、自分の主張は、
どこから突かれても、崩れない!と言わんばかりに
聞こえます。


私なんかが、立ち上げているこのブログなど、
ほとんどが「体験」です。


「食事療法」でガンが良くなったり、「一日一食」で難病が
回復したりする実例など、近藤医師からすれば、
もはや、取るにたらない些事でありましょう。

1+1=2のように、絶対的数値が出ないからです。


近藤医師でなくとも、現代医学を学んだふつうの
お医者さんにも、こういう医師はいくらでも
見かけられます。


大した医学知識もなく、学問もない一介の庶民
の一人である私などの言うことは、歯牙にもかけて
もらえないのが現実でしょう。


それにしても、「放置理論」 を信じ、がんの
治療を止めたまだ40代の男性が、

間もなく死んだ例が、実名入りで、1年ぐらい前、週刊誌に
載っていたのを読んだことがありました。


今回の対談でも、対談相手の大場医師は、そいう例を挙げて
おられます。


いずれにしろ、近藤医師の「放置療法」は、

素人にとって、相当、判断が難しいようですね!

迷いに迷っている方がおられましたら、
いっそ食事療法を実践して見られたらどうでしょう?

もちろん、無理強いはしませんが。


私は、5か所のリンパ種にかかり、約1年の
抗がん剤治療をうけた人間です。

同じ「がん」で、抗がん剤治療を受けて、退院した人が
間もなく再発で入院してきたのには驚かされました。

いろいろ話をしてみると、原因はどうも、食事に
ありそうです。

食事療法で素晴らしい実績をあげておられる団体があります。
その団体を運営しておられる中山武という方が本をだしています。
「論より証拠ガンをなおす・・」という本です。

論より証拠ガンを治すいずみの会式玄米菜食・楽天










posted by 太助 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。