スポンサーリンク




2016年06月12日

小林麻央:乳がん現在の状況は?余命は?放置せよとの論理は通るか?



歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)さんは、妻の小林麻央さんが、
進行性の乳がんであることを、3日前の記者会見で、公表しましたね。

市川海老蔵.jpg












小林麻央さんの病状と海老蔵さんの心情、家族(子供さん)たちへの
配慮など、言葉をえらびながら、明確に話していました。


話し方を聞いていて、やはり、歌舞伎俳優だなと思える、重さと
理知的なものを感じました。



小林麻央さんの乳がんを

「深刻な乳がん」

と表現しておられましたが、その表情を見ていると、かなり、

「難しいのでは?」

との印象を受けました。



今日、アチコチのテレビ番組で取り上げていましたが、

どうも、

「ステージ3」 に近いか、ひょっとすると、

それを超えているかも知れないという危惧さえ感じました。


現状では、通院しながら、「抗がん剤治療」をうけているそうです。


そんな中、ネット上では、「余命は?」 などと囁かれている
のが見かけられます。


興味本位なものもあるかも知れませんが、


小林麻央さんは、歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの奥さんです。

また、アナウンサー時代の人気者が、歌舞伎界という特別な
世界にはいったということなど、いろんな意味での
話題の女性だったからなのでしょう。


事実私も、人ごとながら、ちょっと心配になって
しらべてみました。




    < 乳がんとその行方は? >



乳がんの5年生存率は、30代で 70% だそうです。

ということは、小林麻央さんが、乳がんを克服されて、
元気になられる可能性がかなり高いようなきがします。


ところが、人によっては 

残り・・30%が怖いのだ

とブログで書いている人もありました。


それは、それとして、私は、別の心配をしています。


それは、ガンについては、患者側として、非常に由々しきことを
おっしゃってる医師がおられるからです。

ご存知の方も多いと思います。


そうです。 「近藤医師」 のことです。


「近藤医師」は、

「手術、抗がん剤、放射線」では、「乳がん」は治らないと
おっしゃっている。

乳がんだけではありませんが、乳がんに関しては言い切っておられる。


まあ、「近藤医師」の一連の著書を読まれたら分かると思いますが、

「とにかく、自分のいうことは、絶対正しい」と断言し続けておられます。

私は、「近藤医師」のすべての本を読んだわけではありませんが、
これだけ、自信をもって言い切れるものだろうかと、
非常に疑問を持ってきました。

そこで、日本有数ののジャーナリスト「立花隆」さんと近藤医師の
対談を読んだところ、「立花隆」さんは、「8割は、同意できる」と言っておられた。


また、癌を自力で直した精神科医の「星野仁彦」さんは、

近藤医師が、自分の本「 医者に殺されない47の心得 」の中で、

「日本人のガンの9割は、治療するより放っておいたほうが
元気に長生きできます」

と書いてある部分について、次のように述べています。


「一人の医師として、冷静に考えてみれば、近藤氏の理論は、
かなり当たっています」 と。

さらに、星野医師はこうも言っておられます。

「 ”抗がん剤は猛毒”であり、再発がんなどの場合は、ただでさえ
体力がおちている患者にとって、不要かつ迷惑千万な存在だと
私も思っています。」


つまり、「立花隆」さんも「星野仁彦」さんも「近藤理論」を
肯定しておられるのです。


私ごとき一般人が言ってるのではないのです。

おっしゃってるお二人は、一人は、医学の専門家であり、
一人は、知られた有名なジャーナリストであり、知識人なのです。



「抗がん剤は猛毒」ということは、7,8年前、東大の薬学部の先生が、
「文芸春秋」 誌の中でおっしゃってるのを
読んだことがあります。

しかし、今、挙げてきたようなことを考えましたら、

小林麻央さんの乳がんは、治る見込みはないということに、
なりはしないでしょうか?

それこそ「余命〜〜」なんてことが、ささやかれることに
なりはしないでしょうか?

私は、そこに一抹の疑問が残ってしかたがありません。


皆さんは、どう思っておられますか?





posted by 太助 at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

小林麻央(海老蔵妻)乳がんと判明!近藤医師固形ガンは治らぬと断言!


フリーアナウンサー小林麻央さん(33)の病状について、今日、
夫の歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が記者会見を開きました。
それによると、1年8か月前に乳がんを発症していたと言います。



今朝、小林麻央さん(33)が極秘入院していることが報じられ、
続いて、午後3時に市川海老蔵さんの緊急記者会見が開かれました。



(市川海老蔵さん=38)ヤフー検索より
市川海老蔵.jpg
















たまたま、私も見ましたが、小林麻央さんは「乳がん」で、
それも、発症して1年8か月になるのだそうです。

現在も抗がん剤治療を進めているとのことでした。
最初は、入院でしたが、最近は通いでうけているとか。


気になるのは、ガンの状態です。


癌の進行具合を記者から問われて、海老蔵さんは、

「深刻な状態です」

と、はっきりした口調で答えていました。

深刻ということは、「あまりよくない」 とも取れます。


癌の程度を表すには、

「ステージ1」から
「ステージ4」まで,

数字で表現すると聞きましたが、海老蔵さんの話の
内容から、察すると、「ステージ3」 ぐらいかなと私は感じました。


しかし、ガンについては、患者側として、非常に由々しきことを
おっしゃってる医師がおられます。


そうです。  
今、話題の 「近藤医師」 のことです。

「・・固形ガンは、切除手術や抗がん剤 で治ることはない」
「癌は、原則として、放置したほうがよい!」 

と言い続けておられます。


これまで、大病院の癌専門医やその道の権威とされる医師とも
何度か対談をされていますが、

いずれも、「近藤医師」 の言い分に、
軍配があがる結果に終わっているようなのです。


とにかく、彼は、世界のあらゆる資料を勉強していて、現代医学の
高名な医師や、著名なジャーナリストも「近藤医師」の
「発言は8割がた、正しいようだ」と、
認めているのを雑誌で読んだことがありました。


ということは、海老蔵さんの妻「小林麻央」さんの乳がん
は、どういうことになりましょう。


私は、海老蔵さんや小林麻央さんとは、知人でもなく、
親戚でもなく、全くの第三者です、 しかし、

「小林麻央」さんの「乳がん」 の行方が、心配でなりません。

もちろん、良くなられて、社会復帰されることを
願うばかりです。



posted by 太助 at 02:17| Comment(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。