スポンサーリンク




2017年11月28日

末期がん:命がけの克服体験をウソと決めつける医師の言い分!


前回、末期がんを克服したSさんの体験本認めないという
専門医のお話しをしました。その医師は治る根拠が示され
ていないとしています。そこに大きな落とし穴があるのでは?



専門医は、ガンが治る根拠を出せと言う!



ガンを自力で治したという体験の本は、かなり出ています。

また、多くの重症ガンを食事で克服に導いたという本も
けっこう出ているようです。


私も、そういう類の本は、たぶん30冊ぐらいは
持っていると思います。


冒頭の専門医が「S」さんの体験を認めないという本は、

実は、私が、ガン治療で入院した時、
最も励まされてきた 本 でした。


それを、前述の専門医(大場医師)は、こともなく、

「 証拠をみせろ・・そんな療法でよくなるはずがない・・・」

と言わんばかりの調子でSさんの書いた本を
否定しているのです。



そんなのウソだろう!


そこで、どういう風に否定しているかを、
一部、抜粋して、参考までに、お見せしましょう。


ーーここから

「・・・これら食事療法の効能が もし本当の話 ならば、
人類のがん克服に貢献する ノーベル賞級 の業績だと言えます。

当然、学術論文として報告し、世界中の患者さん達に
その素晴らしいやり方を届けようと努力すべきなのに、

そうされないのはなぜでしょうか?・・・」 

(大場医師のブログより引用させて頂きました)



ーーここまで




ここで言われている「食事療法」というのは、
「ゲルソン療法」のことで、詳細は省きますが、

ドイツの「ゲルソン」という医師が開発した「食事療法」
のことです。


日本で実践されているのは、

「ゲルソン」の療法をアレンジしたものが多いようです。


私が励まされたという本の著者 S さんも「ゲルソン療法」を

基礎にして、自分用にアレンジして実行されていました。



では、大場医師が「認めない」と言う部分は、どこかを

抜粋してみますね。



その部分というのは、


Sさん(星野仁彦=精神科医)の書かれた

「 がんと闘う47の法則 」 (前にも書きました)

という本の一部です。




ーーここから



・・・ガンが大腸から、肝臓に転移していることが
分かった時、私は、精神科医にあるまじきうろたえ方を
しました。

しかしながら、

” 国立がんセンターの統計 ” では、

私のようなケースは 


” 5年生存率 0% ”


とされていたのですから、冷静でいられたらウソでしょう。




ーーここまで



末期ガンに挑戦して20年以上たつ今でも
元気で医療にはげんでおられます。



さて大場医師は、そんな「S」さんの治療を、

上述のように批判されてるわけです。


特に、「それはおかしい・・」 と、
上記とは別のところで、おっしゃってる


” 5年生存率0% ”


という部分です。




大場医師は、



「 Sさんの本の記述では、当時の


” 5年 生存率データは 0% ”


がことさら強調されています。

ころが自分には奇跡が起きたのだと。

しかしながら、ここで冷静に捉えないといけないのは

星野氏が患ったのは 「大腸がん」 だということです。

大腸がんの肝転移は、ステージ IV(末期)

であっても治癒する可能性が十分見込める疾患です。

記述をたどると、彼の肝転移は 1cm 程度のものが 2個。

それらに対してエタノールを注入する局所治療を受けており、
結果はうまくいって腫瘍は 2つとも壊死したと書かれています。

この時点で、
星野氏の大腸がんは治ってしまったのではと私なら考えます。」


さらに、大場医師は、こうつづけています。


「 星野氏と同様な 2個の大腸がん肝転移の
生存成績は、手術のみで


 ”5年生存率 ”は約 60% ほど。


決して 0% などではありません

(東大病院やがん研有明病院の治療成績データ(2012; 36: 2171-8)

を参照すると)・・・」


さて、星野医師の体験と、それを否認する大場医師の
言い分を取り上げてみました。



ここで、ちょっと中断しますが、のちほど続きを
追加しますので少しお待ちください。

どうぞ宜しくお願いします。





posted by 太助 at 10:29| Comment(0) | 末期ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

ガンを食事で克服した体験を医師が否定!理由はエビデンスか?



病気治療に「食事」のアドバイスが無いのは不思議?


前回、ガンを治療する上で「食事」を全く度外視する

女医さんのことを書きました。


その一方で、ガン治療に「食事」を進んで取り入れている

医師の方も少なくありません。



中でも、私が最も信頼しているお医者さんの一人は、
ガンの治療と食事に関して、自著の中で
次にように書いておられます。

「 現代医学や栄養学は、ガンを予防する
食物の存在は認めるのですが、ガンを治す食物は
無いと思っているふしがあります。」


さらに、こう続けておられます。


「 手術、放射線、抗がん剤などで、多大な労力を
費やしてもガンは満足のいくほどは治せないのに、
 ” 食べ物 ” が病気を治すなどとんでもない
というのが真意でしょう。」

( 以上 「ガンを防ぐ!再発させない!食べ物、食べ方」
= 著者・石原結実 より引用させていただきました )


これを読んだ時、私は、

「我が意を得たり!」 

と鬼の首を取ったかのように、喜んだものです。



20代のころの長い闘病や、それ以後、

医者にかかった体験から、私は、

多くの、お医者さんたちが、病気治療において、

何故、食事の細かいアドバイスをしてくれないのか

不思議でしかたなかったのです。




病気の治療に食事が問題にされないのは何故か?




何故不思議に思ったか?


私は、医師でもなく、医学の専門家でもありませんので、
それを、理論的、科学的に説明しなさい
などと言われると困ってしまいます。

ただ、患者側の一人として、思うことは

実に単純なことです。



「 人は、食べ物を食べて生きています。

食べなきゃ、人間、死んでしまいます。

食べるものが、人の体を造っています。」



たった、これだけのことです。



普通、人が生きていく上で、「食事」 が
一番の基礎になっていると思うのです。

たぶん、コレは誰でもが認めて下さると思います。


血や、肉や骨、内臓・・・・等々、人のカラダは、
すべて「食べ物」を摂取して、その栄養で造られて
いると言って間違いはないと思うのです。


おそらく、小学生でもわかる「理屈」だろうと

思います。



しかし、西洋医学を学んで治療の現場にいる
お医者さんたちは、その最も大事な「食事」の
注意を患者に与えないのは何故なのだろうか?



「 医者に殺されない47の心得 」


という本がベストセラーとなって話題を呼んだ

ことがありました。

書いたのは「近藤誠」というお医者さんでした。

ごく最近では、


「ガン放置療法のススメ」


という近藤医師の 本が話題となり、

医療界でも、そうとう物議をかもしたようです。


ガン専門医の方から、反論する人も多く出てきて、

雑誌や新聞など、アチコチで取り上げられたようです。


前回触れた「大場医師」もそのうちのお一人でした。

私も、興味がありましたので、そういったお医者さんの
書いた本なども、多くはないですが、読んでみました。


どの医師の方も、自分の「見解」を述べ、
他の医師の方の「理論」もよく調べて書いて
おられます。



そこで気づいたのは、

「エビデンス」 という

言葉がよく出てくることです。


つまり 「証拠」 です。


「科学的根拠」 が無ければ認められないというような

使われ方がされています。



ガン(他の病気を含む)を食事で克服したという

体験を書いた本は、多くでまわっているようですが、

それらについて、大場医師は、かなり強い口調で

疑問を投げかけています。



それらの体験には、

「なんの科学的根拠も示されていない」

と言うのがその理由のようです。


つまり、先ほどの 「エビデンス」 が無い
ということなのです。


では、どんな風に疑問視しているのか?

その辺について、次回で書いてみたいと思います。


これは、どんな食事を摂ったらいいか?
思案しているガン患者の方が多いと思うからです。


それでは、今回はこの辺で・・・・・・。

ラベル:ガン 食事 克服 体験
posted by 太助 at 09:32| Comment(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ガンを食事で治療するなどもってのほか!激怒する医師!


おはようございます。


昨日、K さんという方からメールを頂きましたので

抜粋してみますね。


ーーーーー



「お体の具合はいかがですか?・・・・・・・・・

太助さんは、食事とガンについてどう考えておられますか?

私は、病院通いをしておりますが、食事について注意を

されたことはまだ一度もありません・・・・・・・・?」




ーーーーーー



半年余り、投稿していませんでしたので、

心配して下さっていたようです。


ホントにありがとうございます。

心からお礼を申しあげます。


副作用が、少しあばれたようなのです。



ところで、先にメールの内容にお答えしますね。


(前回の 大場医師 については、日を改めて触れたいと
 思います。)




ガンと食事との関係は?



Kさんがおっしゃったことは、これまでも取り上げたことが

何度かありましたので重複する部分はご了解くださいね。


結論からいいますと、

「ガンと食事は、大いに関係がある」

と私は、思っています。



普通、病院では、患者に「食事」の注意をしないようです。


したとしても、

「天ぷらのような脂っこい物はさけて、

何でもたべていいですよ・・・・・」


というような返事が返ってくるのが通常のようです。


私も20代〜30代にかけて、約10年あまりの

闘病生活を送りましたが、

民間医療をあさり始めるまでの3年間は通院している

病院からは一度も、食事について、細かい指示を

受けたことがありませんでした。



それどころか、4年近く前、私が、「ガン」で入院した時、
食事にトンカツが出てきたのには、ビックリしたものです。


私は、6人部屋に入院していましたが、他の患者さんは、

「へーっ?」 

と驚きはするものの、

「ウマそうやなー!」

と喜んで食べていました。


もっと驚くような面白いこともありましたよ!。




あなたは何を考えている?



抗がん剤治療が始まって3か月ほど経ったころでしょうか、

病気の治療状況の説明を受けたことがあります。

担当医の女医さんは別室で、ていねいに経過を

話してくれました。


わずかづつですが、効果が表れてきている

とのことでした。


話が一応終わったころをみはからって、

私は「食事」について尋ねてみました。



「病院によっては、食事にとても力を

入れてるお医者さんもおられるようですが・・・」


私が、そう言って、食事療法の本なども出ていることを

しゃべったトタン二、私の話をさえぎるように、


それは、本を売るために取られた商売上の

戦略なのです・・・・・・・


と、いままでのおだやかな口調が、一転して、

はげしくなりました。


「でも、それで助かった患者さんの体験も

けっこうあるようですが・・・・・・」


私がそう続けると、その先生は、さらに声を高め、

イスから、立ち上がって、


「それを、信じているのですか・・・・・・?」


と激怒されたのです。


「いったい、あなたは何を考えてるの?」

と言わんばかりの勢いでした。



私は、「これは、ダメだ」 と話をやめ、

気まずい思いで部屋を出ました。


実はこのあと、もっと驚くことがあったのです。


それは、翌日、病院に「着替え」を持ってきてくれた

女房から聞いた話です。


昨夜、私の自宅に、その女医さんから直接

電話があって、昼間、私と話した内容を、

繰り返し女房に伝えたそうです。


とても、興奮しておられたということでした。


私は、もはや返す言葉もなく、ただただ驚くやら、

あきれるやら・・・・・・。



あなたは、どう思われますか?



私は、それ以来、この先生のまえでは、「食事」 に

関して、一切しゃべることはありませんでした。


西洋医学を学んだお医者さんは、特に

ガン治療に携わるお医者さんは、

「治療に 食事 などは全く眼中に無い!」

のだと、思い知ったのでした。


( 私は、薬剤師さんにも、この話をしてみました。
女医の先生と同じく大学で、一通りの医学を勉強しておられる
と思ったからです。 
結果、やはり女医の先生と考えは同じでした )


一方、私と同じ思いを抱く医師もおられることを、

別の本で知って、気をよくしました。


このことについては、

次回にお伝えしたいと思います。



それでは、今日は、この辺で・・・・。



posted by 太助 at 10:26| Comment(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

病気の治療で医師が食事を細かく注意しないのは何故?

病気治療(ガン)で入院中に食事の注意はされないのですか?
と聞いたら、担当医は激怒しました。医師は「病気と食事の関係」
をとても軽視しているように思うのは私のみでしょうか?


  < 治療にはエビデンスが必要? >

先日、大場医師がネット上で、「ガンを治す食事療法」の本を
スゴイけんまくで「切り捨て発言」をしていました。


大場医師といえば、「ガンの放置療法」について、
近藤医師と週刊誌で対談をおこない、話題になった
ガン専門医です。


お二人は、誌上でケンケンガクガクの論争を
しておられました。


そんな大場医師が、こんどは別の所で、
ガンを「食事」で治したという「体験本」を
一刀両断のごとく、みごとに、切り捨てておりました。


例えば、

@ 余命3か月の本(2冊)

A 晩期ガンから生還した15人の食事

済陽高穂A.jpg
(済陽高穂=著者)











B 精神科医の末期がん克服体験の本


その他、たくさんあります。

中には、ベストセラーもあります。

他にも挙げればキリがないほど、出ております。


大場医師は、それらを読んで、そのすべては、
信用できないというのです。


いろいろ専門用語を使用して、否定しています。



要するに、

「それらはインチキだ!」

と言わんばかりなのです。


その極め付きのコトバが、

「それらには、科学的エビデンスがない」

ということらしいのです。


つまり、どうして治るか明確な「証拠」が

無いということらしいのです。



  
  < 食事について医師はどう考えているの? >




しかし、それにしても不思議なのは、

大場医師も含め、多くの現代医学の医師には、

治療現場において、

「食事」 というものが非常に「欠落」しているのでは

ないかという疑問です。



私は、20代のころ10年近い闘病生活を
経験しました。

医者にかかり、薬を処方されながら一向によくならず、
他の余病さえ発症してきたのです。

その間、食事については、一切きいたことが

ありませんでした。


最終的には、「食事療法のみ」で治す医師のもとで

社会復帰できました。


だからと言って、「その体験」 を取り上げて、
現代医学の先生たちは「食事」をないがしろに
しているなどとは言いません。


また、専門外の私がそんなことを言えるはずもありませんし、
論議できる力も持ち得ていません。


しかし、あまりに「食事」を顧みない治療現場のようすに
辟易してきているのです。

そこで、前述の大場医師の否定する本に限り、

「素人が持つ」疑問を、私なりに、精一杯お伝えしてみたいと
思うのです。


では次回でそれを、書いてみようと思います。


今日は、この辺で・・・・。


ありがとうございました。



ラベル:病気と食事
posted by 太助 at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

ピアニスト:難病と闘いつつ80過ぎてなお弾き続ける!



以前、テレビで、現役80代のピアニストが演奏する姿に

感動させられたことがありました!


足の甲の皮膚のただれと闘い、体調管理をしながら、

挑戦を止めない、生きる姿のすばらしさ!


この病気は、難病で、もはや、治す手立てはないそうです。


鍵盤の上をはじけるように奏でる10本の指は、

まるで白い魔術師のように、私には見えました。


人は、病気を持っていても、年齢を重ねていても、

懸命に生きる姿は、こんなにも輝いている!!!




末期がんで辛うじて退院してから、なお副作用を

強いられて、自宅療養を続けている私は、

このピアニストのけなげな姿にずいぶん励まされました。



そういえば、80歳で、エベレスト登頂に成功した、
三浦雄一郎さんは、つい先ごろテレビで語っていました。


「今度の夢は85歳で世界の他の山からスキーで滑降することです」 と。



プロスキーやとしての現役を退いてからの三浦雄一郎さんは、

目的をなくして、一時、糖尿や高血圧を患うなど、
心身ともに、「ボロボロ」になったそうです。


さらには、手術(心臓)も受け、不整脈も持っているとか。


それでもなお、目標を設定して、命の限り挑戦を続ける!
スゴイじゃないですか!   

その生命力の源泉こそ、目標にありと私は思うのです。

「世には、目標など持たなくともいい」 
という先達がいることも知っています。

しかし、目標を設定した時、 を持った時、 人は、輝いてきます。


思わぬ底力を発揮することもあります。


療養中の私も、今日から、気持ちを新たに頑張っていきたいと

おもっているところです。

>>>三浦雄一郎さん若さの秘密を知ろう!(楽天)










posted by 太助 at 05:45| Comment(0) | 難病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。