スポンサーリンク




2019年08月27日

癌ステージ4に続いて8つのガンに襲われた医師は体質をどう考える?







ステージ4のがんを始め、その後7つのガンと戦った

大病院の医師のコトバを雑誌で見つけました。




「誰かから必要とされるということ、

これは大変ありがたいことで、


必ず復帰してまた診察室に座る

という強い意欲に繋がりました。」



というものです。



人から必要とされることが、


生きることにつながる・・・・・・。




ふと胸に来るものがありました。




この医師は、実は東京の「永生病院」という病院の

副院長を務めておられた「赤木家康」という

お医者さんです。

以前にも少し取り上げたことがありました。

(写真が見にくいですが、ご辛抱下さいね)





ガン8回の医師.jpg





































バンドを持つユニークなお医者さんとして周囲からは

親しまれていたそうですが、2012年、55歳で

癌によって他界されたそうです。





47歳で咽頭がんを患い、その後6年半の間に

舌がんの再発とか、食道がん、咽頭がんの再発など

「8つ」のがんを経験されております。



その間の経過は「PHP」誌(2012,7)に

手記に載っております。



私は、それを非常に痛ましく感じながら読んだ

一人ですが、不思議に思ったことがあります。



@


「・・・・なんで自分だけがこんなにたくさんの

ガンになるのか、一度も思いませんでした。」




赤木医師はこうおっしゃっているんです。



この @ の「文言」に私は驚いてしまいました。



短期間のうちに8つものガンが再発や発症を繰り返して

それに何の疑問も持っておられないというわけです。


なぜなんでしょう?



普通なら、

「こんなに次々とガンが発症するのは、

ちょっと、体質がよくないのかな?」


という疑問ぐらいはもつような気がするのです。


お医者さんなら、なおさらのことだと思うのですが。




どうなんでしょう。


「二人に一人が「癌」になるご時世なんだから、

まあまあ、しかたがないや!」

ぐらいにしか考えておられないのでしょうか?



そこで、

「これはガンにかかりやすい体質を

変えればいいのかも・・・・・・?」


という発想が湧いてくる余地はなかったのでしょうか?




実は、他にも、

この先生と似たような人はけっこういるようなのです。



いつだったか、女優の「大空真弓」さんも、7回か、8回の

ガン再発を繰り返しておられたようですが、



「ガンなんて怖くないわよ。

早く見つけて早く処置すれば治るんだから。

とにかく、早期発見が第一よ


こういう意味のことを平然とおっしゃっているのを

週刊誌で読んだことがあるのです。


「早期発見!早期手術」


確かに、これは今でも一般の人の

社会通念かもしれません。



そこには、

「自分のガンにかかりやすい体質を

ガンになりにくい体質に変えていく」

という発想が

全く感じられないのですが、これって、何故なんでしょうね。




私は、自分も「末期がん」を患った経験をしましたが、

入院当時、ガンで入院していた患者さんたちの中で

退院後、まもなく再入院してくる人がいるのを知って、

当時、ほんとに驚きました。




最初、「何で?」 と不思議におもったぐらいです。




すぐわかったのですが、その人たちは、

皆、再発して治療を受けるために再入院してきたのです。



結局、「ガン」 は、 再発しなくなって、

始めて、「よくなった」 といえるようなふしがあるのです。




「手術が成功した!」

「無事退院した」



これでは、決して「ガンが治った」 とは


言えないというのは確かだと思いますし、多くの

医師の方もそう思っておられるようなのです。

(医学的には、完全に「ガン細胞が消える」ことはないそうですが)



おそらく前述の


「赤木」先生も、

女優の「大空真弓」


さんも充分ご承知だったろうと思います。

にもかかわらず、ガン治療を何度も繰り返してこられた。



結局、現代医学の


「 手術、放射線、抗がん剤 


だけでは、ガンを追放できないのでは?



と私は、そんな疑問を持ち続けてきたのでした。



もちろん、私は、医師でも、専門家でもありませんので

今、書いていることは、素人のたわごと

と思ってくださってかまいません。


私自身も、自分の拙い体験から感じる

「素人の素朴な疑問」 

を参考までに投稿しているだけですので。



それでは、そのような疑問を抱くようになった

きっかけや、「理由」とか「根拠」のような

部分についても、次回で書いてみたいと思います。



ひょっとしたら、上記のお二人も「ガン」から

解放される可能性があったかもしれないと

私は、ひそかに感じています。


   < 関連 記事 >

「鳥越俊太郎」さんは何故4度目でガン再発を止められたか?
http://000kenkou.seesaa.net/article/434515386.html?1567042453






それでは、今日はこの辺で・・・・・・・。













posted by 太助 at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

祈りで難病を治す密教!指一本触れずに起こる奇跡にビックリ仰天!






こんにちは。



先日、お笑い芸人「南部」さんが糖尿病を

辛うじて逃れた話しを投稿しましたところ、


それを読んだ読者の「S」さんから、

メールをいただきました。


このところ、私の投稿がトギレトギレに

なりがちだったものですから、読者からメール

を頂くことは、ほとんどありませんでした。



お許しをいただいているので、抜粋で

載せてみますね。





ーーーここから




・・・・省略・・・・・


突然でもうしわけありません。

初めてメールを出させていただきました。

現在かなり進んだ糖尿病で苦しんでおります。


もしできましたら、

太助さんが、以前に書いておられます

東京の「密教寺院」の住所を教えていただきたい

のですが、いかがでしょうか?


・・・・・省略・・・・・・・。




ーーーここまで





いやあ、驚きましたね!



もう大分前ですが、密教の僧侶「織田隆弘」さん

が、祈りで難病を治す現場を、そばで目の当たりに

した時の驚きの体験を投稿したことがありました。

それを読んでおられたんですね。




私は、その時の状況を今もハッキリ覚えています。


全国から集まった、患者には指一本触れないで

祈りのみで、治してしまうのです。

患者の方は、現代医学では治らないという

難病者ばかりでした。




投稿した体験記事を抜粋して、ここに

もう一度、掲載してみますので、

読んでみて下さい。






ーーーここから



「 密教祈祷の秘密 」  


という本を読んだ私は、

それを書いた東京の著者に、直接電話をいれました。

「 診ていただけませんか? 」  という私の問いに、

快くOK して下さり、

翌朝、早速、郷里の鳥取から、東京まで出向いたのでした。



発祥から数年。 

いま、思えば、

一向に回復しないわが身を何とか治したいと、

藁をもつかむ気持ちだったにちがいありません。


「 密教祈祷の秘密 」 


を書いたお人は、真言密教の僧侶で、

多くの人を、病から救っていたということが

その本に書かれてあったのです。


私は、東京に在る密教のお寺に、約1カ月ほど、

お世話になりました。



そして、滞在中、生まれて初めて、

 
”病人に、指一本触れないで病気を治す”



という、不思議な現象をまのあたりにしたのでした。



患者は、日本のあらゆる所から来ております。

ほとんどが、日帰りの人で、難病者ばかりです。


心臓の悪い人、交通事故で下半身が不自由なひと、

がんの患者・・・・等々、 症状はじつにさまざま。



畳八畳ぐらいの部屋に、数人の患者が適当に座ります。

僧侶が仏壇の前に正座して、まんだらに手を合わせ、

祈ること、約30分。

その間、患者たちも、正面のまんだらに向かって、

それなりに手を合わせています。



祈りが終わると、患者の方に向き直った僧侶が、


患者一人、一人に

「どうですか?」  

と声をかけていきます。



「ありがとうございます。

これで、杖なしに帰ることが出来ます」


膝が痛くて、杖を突いてこの寺へやってきた老女が、

喜んで、僧侶に頭をさげ、

涙ながらに感謝しているのです。


この寺に着いた翌日、私にとって、初日のことでした。



初めて見たこの光景に、私は、正直、

「 あっ!! 」 と

内心、声をあげそうになるほど、驚いたのでした。



そして、さらに驚いたのは、 国立大学医学部の教授 

だという人が、来ていたことです。



この先生は、肝臓が悪く、

自分の大学でどうしても治せないので、

噂を聞いて、この寺にやってきたと言うことでした。

そっと、ささやくように語ってくれた、教授の話に、

私は、なんとも、複雑な思いをぬぐえませんでした。




ーーーここまで





以上なのですが、読まれてどう感じれれましたか?


メールを下さった「S」さんには、

密教寺院の住所を送らせていただきました。



それでは、今日はこの辺で・・・・・・。




posted by 太助 at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

お笑い芸人電撃ネット糖尿であわや足切断!南部妻の前で号泣!







つい先日のことですが、糖尿病のため

「足を切断しなければならない」

と、医師から宣告されたお笑い芸人がテレビに出ていました。



糖尿病の恐ろしさが、想像以上でほんとに驚きました!



芸人さんの名はお笑いグループ「電撃ネット」 

南部(68)という人。



南部=左端
yjimage.jpg



















「電撃ネット」<ヤフー検索ヨリ>







「電撃ネット」 というのは、世界に知られた人気グループだそうです。

危険な小道具などを使って、命がけの演技で観客を魅了するといいます。


私は、この日、初めて知りました。



テレビでは、4人グループの一人「南部」さんが

糖尿病で悲惨な状況にまで追い詰められた顛末を

放映していたのです。



糖尿病は怖い病気だと知ってはいましたが、

これを見て、糖尿病の尋常でないコワサを思い知りました。






   < 足の切断を宣告される! >





ある日、南部さんは、足の甲の一部がただれているように

なったのを見つけます。

それは、ヤケドの跡のようにも見えました。



不審に思って、早速病院で診てもらったところ、

糖尿病による「壊疽(えそ)」という症状だという。



壊疽というのは、糖尿病の合併症の一つで、

抹消神経の血行不良で足が腐っていく病気なのです。


進めば、足を切断しなくてはならない大変な症状なのです。




南部さんは、医師の説明を聞きながら、ビックリ仰天です。



しかし、南部さんは、医師の言うことを、それほど

重く考えなかったようで、お笑い芸人仲間と一緒に

日々、食いたい放題、飲みたい放題を続けるのでした。



当然のごとく症状が進み、足のただれ部分から

ウミのような汁状の液体が流れてくるようになったのです。



即刻、入院治療を受けるのですが、とうとう


「足の切断」


を宣告されてしまったのでした。







< 南部さん号泣! >



南部さんにとって「足切断」は何としても

逃れたい!


その一心で受けた手術は成功して仕事復帰するまでに!




ところが、不摂生がたたって 程なく別の「合併症」が

彼をおそったのでした。


「腎不全」 がそれです。




医師によると、彼の腎臓は全く機能していないというのです。


とる道は2つしかありません。


@ 人工透析

A 腎臓移植


この2つです。




@ の人工透析(じんこうとうせき)は、機械によって、

  全身の「血」を体の外で「綺麗」にするもの。

  1回に4時間かかるものを、週3回行わなければ

  なりません。 

  そして、一生続けなければならないのです。


A 腎臓移植には、「腎臓提供者」と「血液型」

  の問題があります。




南部さんは、何度も何度も考えあぐみました。




@の人工透析をすると、週3回は病院に通うことに

なります。

1回でも抜くと命にかかわります。

  
一方、彼は、お笑い芸人として、世界にも売れてる

スター的存在です。

海外の仕事をことわることは、絶対できないのです。

 
「仕事は命」 と自認するほどの南部さんにとって、

海外の仕事は、チームリーダーとしても、

断るわけにはいかないのです。 



となると、残された道は1つ。



Aの 「移植」 しかありません。



移植となると、腎臓の提供者が必要です。

いわゆる 「ドナー」 です。

現状では、なかなか困難だと言われています。




さすがの南部さんも、ことここに至って、頭を

抱えてしまいました。



「もはや、俺に仕事をするなということか?!」



彼は、部屋に閉じこもったまま、まんじりともしませんでした。

涙が、溢れてきました。





座ったまま、うなだれて号泣する彼の後ろ姿は

テレビを見ている私にも 「グーッ」 と来るものがありました。




そんな時です。


音もなく、奥さんが、ソーッと部屋に入ってきたのです。

しばし、南部さんの後ろ姿を眺めていた彼女は、



「私の腎臓を使ってください」



静かに、南部さんに語りかけたのです。



「えっ?!・・・・・」


涙に濡れた顔で振り向いた南部さんは、


「今、何と?・・・・・・」



「あなととなら、一緒にいられます。

どうぞ私の腎臓をもらってください・・・・」



南部さんにとっては、思いもかけなかった奥さんの

コトバに、喜びの涙が一層あふれてくるのでした。

抱き合ったまま、あとは、

コトバになりませんでした。




というわけで、あとは、「血液型」 です。



普通、血液型が違う場合、不適合となり移植手術は


できないのですが、「腎臓移植」 の場合、

病院側で、血液の修正をすればできるんだそうです。



それを知って、二人の喜びようは大変なものでした。



一時、どうなるかと心配された南部さんの手術は、

こうして、大成功に終わり、術後の治療も無事終わりました。



数か月たった現在、

元通りのお笑い「電撃ネットワーク」として、

仲間たちと元気にステージに立っているそうです。
 



それでは、今日はこの辺で・・・・・・・。












posted by 太助 at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。