スポンサーリンク




2016年03月03日

なかにし礼:がん再発!あんたもかって言いたいわ!何故実践しない?


なかにし礼さんが、ガン再発して「今度は覚悟した」とか?
本を書くのはいいけど、あんたもか?って言いたいですね?
作詞家ともあろう人が何で、こんな簡単な治療法を
知らなかったのだろう・・・・・・???




作詞家・なかにし礼さんが、4年前にガンを発症した時、
私も、「悪性腫瘍」で入院治療しておりました。


当時、ガンに関する新聞や雑誌記事は、むさぼるように読んで
いましたので、当然、「なかにし礼」さんのガン再発記事も週刊誌で
読んで、知っておりました。



なかにし礼さんのガンの再発理由は?




なかにし礼さんは、心臓が弱いらしく、ガンの手術は絶対したくないと、
必死で、他のガン治療法を探したとありました。


奥さんが、ネット上で見つけたのだそうです。


保険の使えない「陽子線治療」で300万円かかったと、
なかにし礼さんは言ってましたね。


ガン治療経過は良くて、結果は大成功!  

その後「生きる力」という本で、
なかにし礼さんは、再発したガン闘病を
克明に表しました。

テレビにも、出演して、「陽子線治療」の威力を、
盛んに吹聴していた元気な「なかにし礼」さんの姿を、
幾度か、見たものでした。


なかにし礼さん(ヤフー検索ヨリ)
なかにし.jpg














「あれほど、探し回って、やっと「陽子線治療」を見つけた時、
あきらめないでよかった!」

と、力をこめて話すなかにし礼さんの明るい表情がとても印象に
残っています。



しかしですよ!

しかし、私には、「なかにし礼」さんはいずれガンが再発
するかもしれない
という何かしら一抹の不安のようなもの
を私は感じていました。


こんなことを言えば、「なかにし礼」さんに、
お叱りを受けるかもしれませんが、
なんとなく、そういう予感がしていたのです。



それは、

ジャーナリストの「鳥越俊太郎」さんのことを

思い出していたからです。



鳥越さんは、再発が止まるまで、

手術を4回繰り返しております。


ある「医療雑誌」のご本人の手記によると、

セカンドオピニオンの

漢方医の助言で「食事」を変えてから

再発が止まったようなのです。



その後、「5年生存率」を無事クリアし、

友人、知人に祝福され、さらに、

ハワイで行われた長距離マラソンを完走しました。

その様子はテレビでも放映されましたので、

ご存知の方も多いのではないでしょうか?





ところで、
他にも、ガンの再発を繰り返した人で思い出すのは、
女優の「大空真弓」さん。


大空真弓さん(ヤフー検索ヨリ)
大空真弓.jpg
















彼女は、何度もガンの再発と転移を繰り返してきたことを、
テレビで語っておりました。

7回〜8回ほど再発を繰り返してきたといいます。



さらに、雑誌「PHP」には、
「8回もガンの手術をしながら、それを得意そうに話す医師」
の記事が載っておりました。


「赤城家康=61」(PHP誌ヨリ)
ガン8回の医師.jpg





















この先生は某病院の副院長であり、「ガン」についての
本も出しておられます。

6年半のうちに、咽頭がん、舌ガン、食道ガン、頸部リンパガン
・・・・・・等々、合わせて8つのガンを手術したそうです。


そして
「医師の私を必用とされる人がいるということは
私にとって、ありがたいことです。 必ず、復帰して、
再び診療室に座るという強い意志に繋がりました」

と書いておられるのです。

それなら、なぜ「食事」に強い意志と関心を
よせられないのでしょう。


「大空真由美」さんも、「医師」の先生も、
記事に関する限り、「食事」 に注意をはらった気配は、みじんも
感じられませんでした。

「早期発見」と「即治療」のことは幾度も
出てくるのですが・・・。



やはり、ガンの再発をくい止めるには、「食事」 が大事なのでは
ないかと、私は、思うのです。(これは私自身の私見です)


「なかにし礼」さんの癌が再発したことを
知った時、

「ああ、やっぱり・・・・」

そう思いました。


なぜなら、初めのガンが完治したということで、
それまで、贅沢をしてこられたであろう食生活を
又始めたにちがいないと思ったからです。


もちろん、「なかにし礼」さんに直接聞いたわけではなく、
確証があるわけではありません。

しかし、直木賞作家でもあり、売れっ子の作詞家でもある
「なかにし礼」さんであれば、容易に察しがつきます。



「食生活」 を変えておられたなら、「鳥越俊太郎」さんのように、
「なかにし礼」さんも、おそらく再発しなかったんじゃなかろうかと
思うからです。(これもあくまで私見です)



ここで、不思議に思うのは、「ガン」 の治療に「食事」で治す
という考えが、多くの人の頭から欠落しているように
思えてならないのですが、どうでしょうか?
(もちろん、これも私の勝ってな考えかもしれませんが)



現実には、
「食生活を正せば、ガンの再発、転移を防げること」
を実践している医師も、決して少なくないことをぜひ知っていただきたいと
思うのです。


これは、信頼できる「医師」の多くの出版物や
私自身の体験からそう感じています。









【関連する記事】
posted by 太助 at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。