スポンサーリンク




2019年05月29日

密教の修行一日一食に10年の闘病を救われた!






こんにちは。 


最近は、「一日一食」
 
にしている人って、けっこう多いようですね。

芸能人には、特に増えていると聞きます。



女性のダイエットに向けての「一日一食」は

正直、おススメはできませんが・・・・。



その理由については、これまでいろいろ
書いてきました。





   < 一日一食に救われた! >




ところで、
私が、「一日一食」を知ったのは20代の頃に、

出会った密教僧が、初めてでした。


その頃、煩っていた体が、なかなか良くならず、もう、

「 医者を、あてにするのはよそうかな 」 と

思案していたような時でした。




たまたま入った書店で、

「 難病を治す 密教祈祷の 秘密 」 

という本を見つけたのです。


「祈祷なんかで、ほんとに治るのかなあ?」

そんな気持ちで、パラパラっと、めくるうちに、

グングン引きこまれ、一気に読んでしまいました。



特に、祈祷によって、ガンや、心臓病、そのほか、

いろいろな難病が、治っているという

「実例」のところは、

食い入るように読んでいたのを、今でも、覚えています。



密教の修業で病気が治ったり、お坊さんのなかには

祈りで難病を治す「力」をもつ人が、いることを

この時、初めて知りました。


密教の中にはいろいろ修業の方法があるようですが、

その一つが、

  「一日一食」

だったのです。



前記の本の著者はの場合は、小高い山の上にある御堂まで、

登って、そのなかで、毎日

早朝から夕までお経をあげるのです。

食事は、それが終わって、下山してから、摂ります。

一日で、食事は、これが一回のみです。



この修業は、100日するのが、通常なのだそうです。

これが、「求聞持法」 と呼ばれる

密教独特の修行法だそうです。


まあ、詳しいことは、省きますが、

「 人が、一日一回しか、食事をとらない 」

というのは、いわゆる「超能力」にもつながる

食事法だったのです。


いずれにしろ、

「一日一食」 

を私が知ったのは、これが、初めてだったですねー。



以前にも書きましたが

この「一日一食」によって、

私も長い闘病から脱することができた一人です。



一人で実践するのはなかなか難しいですね。

わたしもこれまで、それについて

ずいぶんそうだんを受けたこともありますが、

「完全な一日一食」はやはり困難なようです。


もしやってみようと思う方は次の本が

参考になろうかと思います。



「空腹が人を健康にする」
(南雲吉則=医師)

「やってみました一日一食!!」(船瀬俊介=ジャーナリスト)

「半断食健康法」(石原結実=医師)


石原結実医師を私は非常に信頼しています。

(難病でお困りの方は一読されると参考になる
 かと思います。)








【関連する記事】
posted by 太助 at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。