スポンサーリンク




2013年05月18日

一日一食・小倉重成、甲田光雄先生は長寿ではなかった!?


小倉重成、甲田光雄先生は長寿と言えるのだろうか?!



こんにちは。


小倉重成、甲田光雄の両先生は、少食(一日一食を含む)で、
難病を治してこられました。


さらに、少食の極限まで、追求しておられたようです。


そして、小倉重成先生 も 甲田光雄先生も、共に、
少食(一日一食を含む)実践者でもありました。



私は、いつしか、この両先生に、「長寿」 を期待して、
注目するようになっていました。



しかし、私の期待は、完全にハズレました。



甲田光雄先生は、4年前、84歳で亡くなられました。

平均寿命(80,9歳)をわずかに超えるだけです。



小倉重成先生の場合は、聞くところによると、74歳で亡くなっておられます。

平均寿命(80,9歳)をグーンと下回っています。


=============================

スポンサーリンク







===============================


「エーっ? なぜ?」

私は、正直、とても驚きました。


二木式健康法の創始者で東大教授でもあった二木謙三博士は、
朝のみの、一日一食 で、93歳の長寿を全うしました。


臨終のまぎわに、多くの学生を呼び別れをつげたという
エピソードを、以前、雑誌で読んだことがあります。


う〜ん 同じ少食でありながら、この違いはいったいどういうことだろう?



皆さんはどう思われましたか?



その後、私は調べてみました。


やっと、それらしき違いがわかりました。


次回には、その違いをお伝えしたいと思います。





posted by 太助 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 少食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

一日一食: まず少食にすることが先決です!


こんにちは。


一般の方は、今日ぐらいからお休みに入る頃でしょうか?

私など小さな自営のものは、なかなかそうはいきません・・ハイ・・。
31日まで、目いっぱい仕事というわけです。


そうは言いながらも、
先日、いただいた相談メールが気になっておりますので、
今日は、それについて、少しでも触れさせていただきますね。


ざーっと読んだ時点で、まず、3つの問題点があります。

@ 「一日 食べる量が多いのがいけない のかなとも反省してます。」

A 「何をやってもよくならなかったのが 断食した時は楽 になりました。
  ただ断食の期間が終わると、 また一気に悪化していく・・・。」

B 「原因不明のまま むやみに あれこれ 実践しておられる 」
   (まちがっていたら、ゴメンナサイ)

以上3点です。



まず、

@ 番をみてみます。


このブログ 「一日一食」 は、 はっきり申し上げて「少食」 の実践です。

たとえ、「一日一食」 が難しい場合でも、
せめて、「一日二食」 にすることを目指す ブログといってよいでしょう。


「一日二食」 でも、徹底して実行されたら、
驚くほどの効果があらわれます。


徹底 することが 「ミソ」 です。


その意味では、 M さんは、

一日、食べる量が多いのがいけない のかなとも反省してます。」

と書いておられますが、 これは、最も大きな失点だと思って下さい。


もし、どうしても 食べ過ぎるようでしたら、 「一日二食」 を完全にマスターしてください

「 コレ 」 

などとても参考になるんじゃないでしょうか

それでは、「食べる量」 とか A、B については、

次回に取り上げて生きたいと思います。




ラベル:一日一食 少食
posted by 太助 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 少食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。