スポンサーリンク




2018年01月12日

筋ジストロフィーは寿命の短い難病!でも食事で治す名医もいる!



前回、外科のお医者さんが「謝り」のお手紙を
下さった記事を投稿しましたが、実は、すでに、
以前、「不食」の記事を読まれた時、
すぐ、「あやまり」 のメールを下さいました。

それにもかかわらず、今回「謝り」のお手紙を
わざわざ下さったのには、少しわけがありました。




筋ジストロフィーは食事で克服できます!



下@の写真は、「春山満」 という筋ジストロフィーの

患者さんの写真です。


「春山満」 と言う方は、ある会社の社長さんで

首から下は、全く不自由です。

自分の意思で動くのは

「首から上」

だけです。



24歳で、難病「筋ジストロフィー」であることが発覚。

「おそらく10年もつかもたないか・・・」

と医師から宣告されたお人です。

平均寿命は「55歳」ぐらいだそうです。


春山さんは、2014年初めに 「60歳」 で亡くなられました。

この人が書いた自伝は、多くの人に読まれました。

私も、この本にどれほど励まされたかしれません。


@



(表紙は春山満さんです)





冒頭の「M」さんは、

この春山さんをよく知っておられたようで、

春山さんの 「筋ジストロフィー」 を

すごく、気にかけておられたようなのです。



現代医学では、「筋ジストロフィー」 は

極めて治りにくい難病と指定されています。



ところが、ある日、「筋ジストロフィー」 を食事で

治すという 「医師」 の存在と、実際に治った実例を

知って、「M」さんは、

「こんな奇跡的なことが、あるのか?」

と、医師として、ビックリ仰天されたらしいのです。


それがきっかけで、

「不食 : 食べなくても生きられる・・・・」

ということを、改めて考えなおしたとおっしゃるのです。



「M」さんが、私に「謝り」のお手紙を下さったのには、


こういう経緯があったというわけです。



では、「筋ジストロフィー」 というような

難病が、ほんとに、「食事」 で治るものなのか?




難病「筋ジストロフィー」は食事で克服できる!




治す方法を指示した医師は、難病治療で有名な

「甲田光雄・故人」 医師です。


「M」 さんは、ある本で、ガンをはじめ、

医師から見放された患者さんの治癒体験を「本」で

知ったのだそうです。


その本は、大阪で行われた治病「体験発表の大会」で

発表された人たちの体験を収録した「本」だったのです。


その中に、前述の難病「筋ジストロフィー」患者の

治癒体験も出ていたのです。


「M」 さんは、その体験を読んで、「ドギモ」

を抜かれるぐらい驚いたというのです。



「医師がなかなか治せない難病が

食事を改めるぐらいで治るのか!?」


内心、そう思ったそうです。




筋ジストロフィーを克服した実例と本



10年前、大阪で、

「難病者の克服体験」を発表する大会が催されました。


参加者は、27名ですが、本に収録されているのは

そのうち10名です。


180名定員の会場に、250名以上がつめかけ、

とても熱気あふれるムードだったと著者は書いています。


コメンテーターとして、以下の3人の医師も参加。


「安保徹」(免疫の世界的権威)
「昇幹夫」(元気で長生き研究所所長・九州大学医学部卒)
「甲田光雄」(難病を食事で治す日本の第一人者)

体験発表された27名のうち本に収録された、
10人ですが、主な病気をあげると、

「肺がん」
「潰瘍性大腸炎」
「C型肝炎」
「脊髄小脳変性症=森美千代さん」
「筋萎縮症」
「再生不良性貧血」

などなど、難病の人ばかりです。

上記の医師の方もこれには驚きを隠せません。

現代医学が治せない難病が、「食事の摂り方」を
変えることによって、治っていく様子は、
今の医学に大きな警鐘をならしていると
思えるのですが。

【中古】 奇跡が起こる「超少食」 実践者10人の証言「超少食で難病が治った!」 ビタミン文庫/全国健康むら21ネット【著】,甲田光雄【監修】 【中古】afb







posted by 太助 at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

不食なんてウソ!食べずに生きられるはデタラメ!外科医が激怒!


あるお医者の「M」さん(外科医)から 「すまなかった」 という

封書が届きました。


一瞬、「はてな?どういうことかな?」 と

よくわかりませんでした。



ジックリ内容を読んで、腑に落ちました。


7〜8年前にこのブログに書いた「不食」についての記事が

「そんなの、嘘だ、信じられない!」

と激怒された「M」というお医者さんから、

謝りの封書だったのです。




不食なんて、生きられるはずはない!



今回届いた封書の送り人であるお医者(M)さんの

書かれた内容の一部を抜粋してみたいと思います。

(ご本人には、差し支えない程度なら良いと了解済みです)




封書が届いてから、ブログの過去記事をしらべてみました。

そうしたら出てきました。


「8年前」 に更新した「不食」についての記事でした。



それに対して「M」さんは、



「 生身の人間が、食べずにいきられるはずがない、

これが事実とは、いったい、どういうことだ ?! 」



と、かなり激怒したメールで不食を否定されたのでした。




私が、当時、更新した記事は、


「不食」と題する山田鷹夫さんの著書を紹介したものです。


本の副題には、

「人は食べないでいきられる」

とありました。

人は食べなくても生きられる 不食 但し「使用上の注意をよく守って正しくお使いください」 [ 山田 鷹夫 ]


この本を書店で見つけた時は、私自身、

大きな衝撃を受けました。


即、買って帰り、一気に読んでしまいました。


それまで「断食」や「小食」についての本は

かなり、読んだつもりでしたが、

日常全く

「食べない」

という本はこの時が初めてでしたので、

その衝撃は、一様のものではありませんでした。


医師の「M」さんが、


「・・・信じられない・・・」

といわれるのも、もっともだと思いました。


しかし、私は、信じていました。


何故なら、そのころ、多くの人から知られた

有名な経営コンサルタント「船井幸雄」さんと

直接対談をおこなっておられたからです。


「船井幸雄」といえば、経営コンサルタント企業を、

上場会社にまで育てた人として、その世界では、

トップクラスの経営者でした。


「山田」さんが、「船井」さんと対談できたというのは、

「船井」さんが、「山田」さんを「本物」として、

取り上げていたといえるからです。

当時の船井さんは、「本物」 の研究でも

知られていたのです。


そんなわけで、「不食」 を記事にしたわけですが、

それが、お医者さんの「不信」を買ってしまったというわけです。

さて、先ごろの話ですが、


不食は、存在する!?


最近8年間「不食」を実践された弁護士さんの

「不食という生き方」

という本が、話題を呼んでいるようですね。

不食という生き方【電子書籍】[ 秋山佳胤 ]


賛否両論が飛び交っているようですが、

こういう人は、世界的には、

実際に、かなり存在しているようです。


ちなみに、スッカリ有名になった女性で

「森美智代」さんという女性が大阪にいます。

ご存知の方も多いのではないでしょうか?



八尾市で「鍼灸院」を開業しておられる人です。

この方は20数年、朝、夕、

「青汁」 のみで生活をしておられます。







不食に近い人として、アチコチで講演なども

やっておられるようです。


私は、鍼灸院まで行って、直接お会いしたことが

ありますが、非常に元気にしておられ、

精力的に仕事をされていることに、

驚嘆した覚えがあります。


患者の一人としてお尋ねしたので、先方では

覚えておられないと思いますが、


私の方は、忘れようにも忘れられない人です。



今日は、「不食」 についてでした。




ラベル:不食 ウソ 医師
posted by 太助 at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

朝比奈彩自転車ロードレースでバタンキュー!コレ元気になる秘訣?




モデル朝比奈彩:淡路島自転車レースで爽やか・・?



今朝、起き抜けに、今日の天気は? と思いながら

テレビをつけると、なんと海辺をたくさんの人が自転車で

走ってるじゃないですか。

re-su@.jpg
(海沿いのロードレース)ヤフー検索ヨリ




とても爽やかそうやな〜〜!

しばらく、見ているとどこかで

見たことのある人が出ています。


アナウンサーのコメントでわかりました。

人気モデルの朝比奈彩(24)さんです。



「この人こんなレースに出るんか??」



ちょっと驚きましたが、「朝比奈彩」 さんは、

趣味で、ボクシングやロードバイクを

やっているのだそうです。


淡路島ロードレースには昨年も出たんだとか。

今朝も、そのレースに出場していたというわけです。

後半のさしかかって、彼女は途中、へたばって

道路にネコロンデしまいました。


asahinaneta@.jpg
(朝比奈彩さんへたばる)


テレビなので 「アイキョウかな?」 と

思って見ていたのですが、結局150キロ完走できました。


朝から海をバックに実に健康的ですね。


海沿いですから、実にサワヤカそのものです。



競技に参加するのはただの運動と違う



冒頭から、

ロードレースに参加するモデルの朝比奈さんを

取り上げたのは、朝からテレビでロードレースに

参加していることに、ふと興味があったからですが、

もう一つ理由があります。


それは、健康になるためには、

「運動」が欠かせないことを、

お伝えしたかったからでもあります。



「今更、運動って、なによ・・・」

とおもわれましたか?


いや、そうじゃないんです。

まあ、聞いてください。



こういう競技に参加するっていうのは、

また違う意味があるんです。





運動を単調に済ますより競技参加するのが効果倍増




@ 朝比奈彩さんが、ロードレースに参加して、

観衆の注目を浴びるのは、ただ一人チャリンコで

走るのとまったく違う効果があることは

分かっていただけるでしょう。



他にも、数年前に、ハワイで行われたフルマラソンに

参加した、

A 「鳥越俊太郎」 さんもそうでした。


40キロ余りの距離を完走して、話題になりました。

鳥越さんは、その数年前には、「ガン手術」 を

4回も受けたお人です。



こうして書いていると思い出しましたが、


俳優の

B 「片岡鶴太郎」 さんもヨガを実践しております。

本場のインドで 「ヨガ」の本格的「資格」を

とるほどで、ハンチャなヨガではありません。

資格を取るほどの意気ごみで「ヨガ」に

打ち込んでいたといえるでしょう。



もう一人挙げてみましょう。


C 数年前ですが、125歳まで生きる目標を立てて

中型バイクに乗っている人が、やはりテレビで

放映されたいました。

仮にKさんとしましょう。


Kさんは、定年(60)退職後


「人は生理学的には、125歳まで生きられる」


ことを知って、自分も125歳まで生きることを

目標にしようと決めた人なのです。



それ以来、「食事」を考え、「ウオーキング」を日課にし、

さらに趣味の「バイク」を取り入れました。


刺激を得るために、「バイク」の仲間を作り、

週末などを利用し、さまざまなコースを

決めて山間をスリリングに走るのです。


テレビでは、8人ぐらいが、列をなして、

山あいをバイクで走る光景は、壮観そのものです。




最後にもう一つ挙げましょう。


D 癌患者ばかりで「富士登山」を実行して、

ガン治療に効果をあげている集団があります。


ある医師の指導の下で行うのですが、


「富士山」に登れる自分を発見した喜びは、

癌患者に大きな「希望」と「自信」を与えます。


その精神的高揚が、「ガン治療」に及ぼす

影響は、相当なものだと言います。


これも、テレビで知りました。





運動にプラスαをくわえてやって下さい。



以上述べましたように、ただ運動するだけではなく、


その運動に「遊び心」や「目的」や「競技的」意味を

少し加えるだけで、運動が長続きします。


ただ運動のみに終わらず自分で工夫して、

行うところに、より元気になる要素が

含まれていると、私は、思っています。



どうですか?


日頃から、ウオーキングをやっている人、

ジョギングを実践している人は多いと

思いますが、一度、今書いてきたことを

試して見られませんか?



それでは、今日はこれで・・・・。



posted by 太助 at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

断食:自宅で21日実践:ああ怖い!復食メチャ大事だよ〜!



断食21日間実践の様子




「21日間の自宅断食をやった」という、

メール友達「S」さんの体験をご紹介します。


届いたメールから抜粋しますのでご覧ください




ーーーーここから



やっと断食 21日目 を終わりました。


病院へ行って血液検査をしてもらってから仕事(整体師)にいきます。

明日は何を食べようかという楽しみがいっぱい広がります。

リバウンドがちょっと怖い感じもします。


人間は食べることでエネルギーを得ていますが、

そうではないエネルギーを得る方法も

あるのではと思うようになりました。


それを確信するにはもっと長い断食が必要だと思います。

1日600Kcal ぐらいで、3か月とか、

そういう長期間の少食をやってみたい感じもあります。

ここ2日ほど寒くてよく目がさめます。

確かに冷えてはおりますが、

寒がりの女房は何ともないといいますが、

私はすごくこたえます。



ーーーーーーーここまで




2回目のメールです。




ーーーーーーここから



断食の反動がこれほどとは思ってもみませんでした。

断食の最後の方ではあれ食べたい、

というような欲求が大きくて

我慢ができなくなってきていました。


お腹がすいて我慢できないではなくて、

やはり味にたいして我慢できないみたいな感じですね。

今日は鎖が解けて解放されたみたいで、

スーパへいけば、ついたくさん買ってしまうし、

コンビニへ入れば、また買ってしまうといった具合です。


お腹が、もたない気もしますが、

私は不思議に大丈夫だから困ったものです。

どちらかというと食いしん坊の方ですから、

無理に規制したのが大きな反動となっているようです。





ーーーー ここまで。




どうですか? 

僕も「3週間の断食体験」 がありますが、

僕は、断食道場でやりました。


しかし、「S」さんは、自宅断食です。



以前にも書いたことがありますが、

これは、よほど気をつけないと、

「復食」 が恐いですねー。



断食を 21日も やると、

そのあとの食欲は、

猛烈です。

ハンチャ じゃありません。


1にも、2にも、そして3 にも 「復食」 が大事です。


たしかに、断食は、美容や健康に

すばらしい効果があります。


反面、

危険も大きいことを知ってほしいと思います


断食を実践したい人は、できれば、

「断食道場」へ行くことをおススメしたいと

思います。



posted by 太助 at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

缶コーヒー:砂糖量を角砂糖に換算!メチャ多い糖!血圧急上昇!



血圧が、何故か高くなっていました



ちょうど一週間前、私は定期健診に行きました。

血液検査の結果は、これまでとほぼ変化はありませんでした。


ただ、診察室に入る前に、病院の廊下に設置してある自動の

「血圧測定器」で、前もって「血圧」を計っていたのですが、

それが、妙に高かったのです。

「おやっ?」 と不審に思いました。



大体これまでの私の血圧は、


上=「127」前後
下=「72」 前後


で、正常値以内でした。



ところが、久しぶりに計った今回は、


上=「163」
下=「101」


と数値がグッと高くなっているのです。


「あれー??」


おかしいと思って、何度も計ってみましたが、

ほぼ同じ数字なのです。

「これは ”機械” がおかしいんじゃないの?」

そう思ったぐらいでした。



診察室に呼ばれ、一応の診察が終わった後、

前述のように、血液検査では、

特に異常がないとのことでしたので、


「血圧」 をはかってもらいました。



上=150
下= 95



廊下で計った時よりは、低いものの、

血圧の数値としては、高い方に入ります。



正常値は、


上= 128 以下
下=  83 以下


で、私の場合、明らかに高血圧に入ります。

担当の先生は、首をかしげていました。


食事の内容を聞いて下さったのですが、

特に、これまでと変わったものを食べては、

いなかったので、

「どうしたのだろうね?」

と不思議そうな顔で、

「今度の健診日までちょっと様子をみてみましょうか」

と言って、その日は終わりました。




血圧が高くなった原因が分からない



病院を出た帰り道、僕は、あれこれと

血圧上昇の理由を考えていました。


「なんやろ?」

「なんやろなあ?」



食事はというと、


@

朝)牛乳コップ3分の2+チョコレートひとキレ。

昼)主として、「玄米採食」

夜)主として「玄米採食」 


 食後に、甘いもの少し。

 (ショートケーキ半分とか
  菓子パン半分とか、おかき1枚とか・・・・・)



退院後に残っていた腫瘍が消えたのは、退院して「2年目」。

上の食事になったのはそれからです。


甘好きな僕は、2年目から、ちょっと甘い物を
加えるようになりました。


それまでは、大体、「玄米採食」 のみでした。

「肉」と「油もの」はほとんど摂っていません。


ガンが、2年 たって消えてから、

上記@ の食事にして、

甘い物をわずかに増やしたというわけです。


しかし、全体としてほとんど変化はありませんでした。





そこで、以上のような食事内容を何度も思い出しながら、

検討してみました。




そして、とうとう分かったのです!

「血圧」 が急上昇したのは、

「缶コーヒー」 が原因だったのです。


私は、半年ぐらい前から、「缶コーヒー」を

飲むようになりました。

コーヒーには、「ポリフェノール」が含まれている

のをテレビで知ったからです。


「ポリフェノール」 には抗酸化作用があるのです。

つまり、「ガンには、良いだろう」 と考えたのです。



実は、正直なところ、「ウマいコーヒー」 が

飲みたかったのも半分はあるのです。 (苦笑)


僕の「ウマいコーヒー」というのは、

「缶コーヒー」 のことなんです。


安あがりで、甘くて、すぐ飲める!

そして、「ガンにも良い」。




血圧急上昇の正体は缶コーヒーだった!




「コーヒーにはポリフェノール」が含まれていて、

健康に良い」



テレビの医療番組で知ったこのことを

鵜呑みにしていた私は、コーヒーを飲み始めたのです。


それは、喫茶店などで、

直接、豆をひいて作るコーヒーではなく、

前述した「缶コーヒー」 のことです。


半年ぐらい前から、ほぼ毎日飲んでいました。

それも、甘い「カフェオーレ」。

あの「ボス・カフェオーレ」です。


kanko-hi-@.jpg












(ヤフー検索ヨリ)



口に入れるもので、

これまでと変わったものと言えば、

「缶コーヒー」 しかありません。


早速、インターネットで調べてみました。


ありました。



簡単に言うと、


「 ”糖質” を摂りすぎると、血糖値が

高くなり、それを抑えようとして”

多くの ”インシュリン” が分泌される。

この インシュリン が交感神経を刺激して、

血管を収縮させてしまう」



というのです。


もっと簡単に言えば、

砂糖(糖質)の撮りすぎは

血圧をあげてしまうというわけです。



では、缶コーヒーは、そんなに糖質が多いのだろうか。


いやー!調べて、驚きました!


私が飲んでいた「缶コーヒー」には、

角砂糖にして、


「約8個分」 が入っているとありました。


他の缶コーヒーもおおよそ「平均4個」ぐらいの

角砂糖が入っている計算になるということです。


これは、絶対ということではないと思うのですが、


多くの知人たちからも、

「缶コーヒーの糖分はかなりのもの」

という返事が返ってきました。

「そんなの誰でも知ってるよ」

と言わんばかりの口ぶりなので、改めて驚きました。


私は、たまに、「1日2本」 ぐらい飲むことも

ありましたので、ケッコウ多くの

「砂糖」をたべていたことになりそうです。



「1日2本」 飲めば、単純に言って、

「角砂糖16個」

食べていたことになります。


これは、だれが見ても、砂糖が多いですよね。




腫瘍マーカーの数値も上がっていた!




実を言いますと、腫瘍の程度を表す

「腫瘍マーカー」

の数値もほんのわずかですが、上がっていました。


これまでは


「350」 をズーッとキープしてきました。


基準値は 

「500」 です。

これ以内なら、良いとされています。



今回の測定結果では、

「411」

となっていましたので、これまでより

61 上がったことになります。


私は、内心ドキッとしました。


「500」 を越えたらだめだ!


そんな声が聞こえてきたような気がしました。


「ガン」 の「エサ」 は「糖質」なのです。


僕は、即、缶コーヒーを止めました。




最後に、私の取った対策はこれです



私にとって、「ウマい缶コーヒー」 をやめるのは、

「残念!無念!」 でした。

しかし、今回は止めざるを得ません。



そして、ただ止めるだけでなく、血圧に対する

処置をとりました。


それは、以前から、勧められていた酵素を

飲むことです。



まあ試しに

「万田酵素」 を始めました。



なんと、やってみるもんですね。

驚きました。


飲んで、6日目 には、血圧が、少し下がっています。(歓喜)

通じがよくなって、体も、スッキリしています。



あまり期待してませんでしたが、

バカにならないもんですね。


とは言え、個人差もあるでしょうから、

誰でもこんな効果が出るとはいえないでしょうが。



それでは、以上で今日は終わります。



参考になれば幸いです。




posted by 太助 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

食事が体とどう関わっているのか自分の体で検証します!




今年は自分の体で検証したいと思います



新年おめでとうございます。

ご無沙汰してしまいました。


少し体調を崩してしまいましたので、

ご迷惑をかけてしまいました。


今年は、良き新年にしたいと

決意をあらたにしております。



自分の体で、実証してみたいと,

いろいろ試してみているところです。



いい結果を出せたら報告させていただきますね。


みなさんも、どうぞ良いお年をお過ごしください

ますように!!

そして、今後共よろしくお願いいたします。

posted by 太助 at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

病気の治療で医師が食事を細かく注意しないのは何故?

病気治療(ガン)で入院中に食事の注意はされないのですか?
と聞いたら、担当医は激怒しました。医師は「病気と食事の関係」
をとても軽視しているように思うのは私のみでしょうか?


  < 治療にはエビデンスが必要? >

先日、大場医師がネット上で、「ガンを治す食事療法」の本を
スゴイけんまくで「切り捨て発言」をしていました。


大場医師といえば、「ガンの放置療法」について、
近藤医師と週刊誌で対談をおこない、話題になった
ガン専門医です。


お二人は、誌上でケンケンガクガクの論争を
しておられました。


そんな大場医師が、こんどは別の所で、
ガンを「食事」で治したという「体験本」を
一刀両断のごとく、みごとに、切り捨てておりました。


例えば、

@ 余命3か月の本(2冊)

A 晩期ガンから生還した15人の食事

済陽高穂A.jpg
(済陽高穂=著者)











B 精神科医の末期がん克服体験の本


その他、たくさんあります。

中には、ベストセラーもあります。

他にも挙げればキリがないほど、出ております。


大場医師は、それらを読んで、そのすべては、
信用できないというのです。


いろいろ専門用語を使用して、否定しています。



要するに、

「それらはインチキだ!」

と言わんばかりなのです。


その極め付きのコトバが、

「それらには、科学的エビデンスがない」

ということらしいのです。


つまり、どうして治るか明確な「証拠」が

無いということらしいのです。



  
  < 食事について医師はどう考えているの? >




しかし、それにしても不思議なのは、

大場医師も含め、多くの現代医学の医師には、

治療現場において、

「食事」 というものが非常に「欠落」しているのでは

ないかという疑問です。



私は、20代のころ10年近い闘病生活を
経験しました。

医者にかかり、薬を処方されながら一向によくならず、
他の余病さえ発症してきたのです。

その間、食事については、一切きいたことが

ありませんでした。


最終的には、「食事療法のみ」で治す医師のもとで

社会復帰できました。


だからと言って、「その体験」 を取り上げて、
現代医学の先生たちは「食事」をないがしろに
しているなどとは言いません。


また、専門外の私がそんなことを言えるはずもありませんし、
論議できる力も持ち得ていません。


しかし、あまりに「食事」を顧みない治療現場のようすに
辟易してきているのです。

そこで、前述の大場医師の否定する本に限り、

「素人が持つ」疑問を、私なりに、精一杯お伝えしてみたいと
思うのです。


では次回でそれを、書いてみようと思います。


今日は、この辺で・・・・。


ありがとうございました。



ラベル:病気と食事
posted by 太助 at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

糖尿病:食事制限と運動で治るの?小食にするなら死んだ方がマシ!

自営の店のお客さんに糖尿病の人が増えています。
食事制限と運動で治そうと、毎日、ジョギングをしても、
ナカナクうまくいかないようです。 「小食するなら
死んだ方がマシ!」という人さえいます!



私の店は、小さいですが、およそ 千人 ぐらいの顧客がいます。

そのうち、約半分は、糖尿 かその

strong>予備軍であることが、わかっています。


この方たちは、その多くが、毎日、

食事を制限し、運動として、ジョギングや、

ウォーキング に励んでおります。

HASIRU.jpg
















(ジョギング・イメージ)



血糖値を下げることに、必死なのです。

しかし、なかなか思うようには、いきません。

お客さんと話していると、その様子が、よく分かります。



糖尿病は、その病気自体よりも、糖尿が原因の

余病の発症が非常に怖いです。



「 何とかならないものだろうか? 」


この数年、私は、食事法や、いろいろな運動法について、

ずいぶん、調べてきました。


そして、良いものを、お客様に紹介してきました。

ところが、どうしても、「小食」 は続かないのです。

   

中には、

 「 少食にする位なら、死んだ方がまし!! 」

とおっしゃる、会社の社長さんがいました。


私は、この会社の社長さんの気持ち、

分かるような気がしますね。



私自身も、闘病中、もう、失敗の連続でしたから。(苦笑)



特に、食事 を制するのは、至難のわざです。


菜食、少食、一日二食、一日一食、断食、・・・・等々。


何度失敗を繰り返したことでしょう。


スーっと、うまく、やれたのは、菜食ぐらいです。(笑)


そんな経験から、お客さんが、なかなかスムーズに実践できないのは、

実によく分かります。



実際、ダイエットなども、ほとんどの人が、

失敗を繰り返しているのが、現実ではないでしょうか。



そんなわけで、キクイモ に出合った時、

正直、天にも昇る思いがしたものです。



そうじゃないですか、キクイモ・エキスは、お茶として飲むだけ、

あるいは、粒状のものを、食べるだけ
ですから。


それで、糖尿病に効果があるというのですから。



まさに、「 天の福音 」 ですよね。



ただ、すべての人に効果があるという確証が、

今のところ、私には、ありません。


もっと多くのデータが分かりましたら、

即、ブログでもお知らせしたいと思います。

国産 菊いも粉末 100g★宮崎県産100%!!菊芋茶にも♪【イヌリンパワー!キクイモ粉末】【菊芋 粉末/きくいも/菊芋パウダー/菊芋茶/きくいも粉末/国産 菊芋 販売/通販★宮崎◇須藤農園】【ゆうパケットにて送料無料!!】



posted by 太助 at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

1日1食実践の芸能人の内千葉真一は別格!強靭な体で夢実現目指!

1日1食を実践している芸能人は意外といるようですね。やはり、
仕事のために健康を維持したいという願いからでしょうか。中でも、
千葉真一(78)は別格です。強靭な体を得て夢の実現を目指し、
第三の人生に備えようとしています。 1日1食の効果は絶大です!



1日1食実践の芸能人たち



1日1食@.jpg


















最近、「1日1食」にしている人って、けっこういるようですね。

これまで、このブログでも、何人かご紹介してきましたが、

ざっと、思い出しますと、

芸能人では、


・ガクト
・梅宮辰夫
・タモリ
・片岡鶴太郎
・京本政樹
・千葉真一
・ピンクレディ(みい)


など。



芸能人以外では、

・ジャパネット高田の元社長


調べればもっといるような気がします。

女優の中でも美容のために「隠れ実践者」がいるかも

しれません。


なぜなら、「1日1食」は、美容だけではなく、

健康にも、絶大な「効果」があるからです。



実は、「幾つかの内臓」を患って苦しんだ私も、

「1日1食」 で長い闘病から救われた一人でした。



千葉真一(78)の「1日1食」について


千葉真一@.jpg

















「千葉真一(78)さん」


千葉真一(78)さんは、前述のように「1日1食」

を実践する芸能者の一人です。

彼はある願望のために、健康維持を目的として、

「1日1食」を

実践しています。



ちなみに、「食事内容」 は次のようです。


@ 朝は、野菜ジュースのみ。

A 昼は、抜く。

B 夕方6時以降。  原則として、何でも食べる。

  「コロッケ、カキフライは大好物。 飲酒もあり。」

C 持論

  「腹が減っていると何でもおいしいから、食べたものは、

  全部、血肉になる。 年をとったら、

  好きなものを食べることも大事。」

D 食事以外、運動は「鍛錬」として欠かしたことがない。



千葉真一さんの「1日1食」の関しては以上ですが、

この中で、ちょっと意外に感じるところがありませんでしたか?


「好きなものを何でも食べる」 というところです。

これに関しては、有名な 「石原結実」 医師も

同じことを著書で述べておられます。


私は、初め、このことを知った時、大いに「疑問」を

感じたのですが、「1日1食」 にした場合、

「肉食がダメ」とか、「飲酒は禁止」とかは、

かえってよくないようです。


90歳や、100歳の長寿者の食事内容など

気をつけて、みていると、やはり、「肉」も「酒」も

適当に摂っている人が多いのに気づきました。


要は、バランスの問題のようです。


千葉真一さんは、自分の夢実現のため、あえて

「1日1食」を実践していますが、


ではその夢とは、なんでしょうか?



それについては、項をあらためて書いてみたいと思います。


posted by 太助 at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

ニンジンは癌に効果大!人参ジュースでなくとも末期がん消えました!

ニンジンを毎日毎日食べました。その効果は大きかったです!
胃の弱い私は人参ジュースは飲めません。それでも、末期がんが
消えてくれました。 4年近く経った今、再発はありません!


ニンジンヤフー検索ヨリ.jpg













(ニンジンヤフー検索ヨリ)





これまでガンに関する本を、五冊の内二冊説明が終わりました。

今回は、三冊目です。



人参が絶大な効果があることを教えてくれた人と本


これまで私が読んだ様々なガン治療の本は、

多分30冊を超えていると思います。

自分が、突然ガンに襲われ、ビックリしたのが

きっかけでした。


そのうち、何度も何度も、繰り返し読んだ本が、

数冊あります。


それをさらに絞って、先日、ベスト5冊を

簡単にご紹介しました。


リンパ腫(末期)の抗がん剤治療の際、

「死ぬかもしれない!」

と不安に怯えながら、ベッドで繰り返し

読んだ本ばかりです。



私は、1年後、どうしても、ガンが消えず、

20% ほどガンが残ったまま退院しました。

あとは、自宅で「経過観察」ということになりました。


つまり、自宅療法に力を注ぐことになったというわけです。



その際に、私が実行した食事が

「ニンジン」

を毎日絶対欠かさず食べるということでした。


もちろん「ニンジン」だけではなく、癌の克服に良い

とされる食べ物は他にも極力食べました。


中でも、私が、「ニンジン」 に重点をおいたのは、

どの本にも、「ニンジン」 が良いとされていたからです。



特に、医師の「石原結実」先生は、自分が出された多くの著書で、

「ニンジン」をススメテいます。

isiharaisi.jpg
















正確に言えば、「ニンジンジュース」 をススメテ

いるのです。


その本の中で、私が実際に実践したのが、

「石原結実」先生の


「ガンを防ぐ!再発させない!食べ物、食べ方」


という本でした。



石原結実先生は、西洋医学を学んだお医者さんですが、

他にも、漢方や、食事療法、運動、民間療法など、

いろいろな研究をされています。


テレビでも拝見したことが何度かあります。

講演も1度 聴いたことがありました。


その豊富な経験と研究はスゴイですが、人格としても、

非常に信用できる医師として、尊敬できるお医者さんだと

思います。



ニンジンが何故ガンに効果があるのか?



それでは、ニンジンの内容や、効果について、

書いてみましょう。


ニンジンは、癌治療に関する本んは、私の見る限り

必ず、出てきます。

特に「石原結実」医師は、とても推奨されています。

そこで、何故「ニンジン」がそれほど良いかを、

石原先生の前述の本から抜粋してみたいと思います。

ガンを防ぐ! 再発させない! 食べ物、食べ方
   

    < ニンジン について >


@ 中国では、「薬学書」に

  「ダイコンは腸熱を 清し、 ニンジンは血を補う」

  とあります。

  
  また「ギリシャ語」では、ニンジンは「温める」から来ている。

  つまり、

  「ニンジンは、血液を増やし、体を温める食品である。

   故に健康を増進する協力な力を有していることになる」



A 欧米の自然療法医は、ニンジンを万病の妙薬としている。

  その理由。

   人体が必要とするビタミンやミネラルのほとんどすべてを

   ふくんでいて、栄養的に最もバランスがとれた野菜である。


B アメリカの自然療法学者「ウオーカー博士」は、

  「ニンジンジュースは潰瘍とガンを癒す世紀の軌跡だ」

   と言い切っている。

  また、米国アカデミーも「ガン予防」の食物として、

  「ニンジン」を、いの一番に 挙げている。


C 石原結実先生がご自身で勉強に行ったスイスの

  ベンナー病院でのこと。(この病院には世界中の
  難病者が、やって来る大病院)

  癌患者の食事療法に、一番にニンジンジュースを使用していた。


D メキシコのゲルソン病院では、

  「1時間ごとに、コップ一杯づつ、12時間、13回飲ませるのが、

   治療法のメインになっている」


E 「日本ガン学会」で、「にんじんのベーターカロチン」は、

  多くのガンに効果的」 と発表されたことがある。


F ある国立大学の教授でガンの専門医が

   「ガンの予防法として、毎朝ニンジンジュースを愛飲

    している」 という記事が日刊ゲンダイ(2009年)

   載っていた。



以上のような事情から、石原医師は、

「ニンジンは、ガンの予防や、再発を防ぐ大きな効果がある野菜」

であると語っています。





ニンジンを欠かさない食事+運動でガンが消えた!



私は食事と運動で、末期がんを克服できた体験は

以前に、書きましたので、ここでは、

食事について少し触れてみたいと思います。


食事は、「玄米採食」オンリーです。


どの本でも「ニンジンジュース」がススメられています。

特に、「ニンジン」 は絶対欠かしませんでした。


ただ、私の場合、胃が弱いので、ニンジンをジュース

にすると、吐いたり、胃が痛んだりして、なかなか

飲めませんでした。


市販のニンジンジュースを買って飲んだりしましたが

やはりだめでした。


ところが、癌を治した体験者の手記の中で

「ニンジンジュース」ではなく、しっかり、

煮炊きものにして「ニンジン」を食べている人が何人か

いることを、知ったのです。


「そうか、ジュースにこだわることはない、

しっかり、ニンジンを食べよう!」


私は、そう思ったのです。


そして、ニンジンを角切りにして、

「ジャガイモや玉ねぎ、キャベツなど」 

一緒に炊いて、しっかり食べました。


ニンジンだけは、絶対欠かしませんでした。


おかげで、私のガンは、退院後3年目にして、

消えてくれました。




注)


ニンジンジュースは飲めない人もおられると

思いますので、そんな時は、炊いてたべられるのも

ありだと思います。


ジュースにするのは 「大量」 に摂取するためだと思うのですが、

飲めない場合は、仕方ないです。

割り切って食べればよいと思います。


私は、もう、開き直って、「ニンジンジュース」

は止めました。(苦笑)

以上ですが、ニンジンとその効果が、少しでも

分かっていただけたら、幸いです。










posted by 太助 at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。